Naitter【泣いた】

【要注意!】iPhoneケースを利用して“暗証番号を盗む方法”が拡散中!

【要注意!】iPhoneケースを利用して“暗証番号を盗む方法”が拡散中!

【要注意!】iPhoneケースを利用して“暗証番号を盗む方法”が拡散中!


 



 

ある特殊なiPhoneケースを利用して、ATMやクレジットカードなどの暗証番号を簡単に盗む方法がある。

この手法が広まってしまう可能性も懸念されるが、対策法もわかっているため、被害者を増やさないために本記事ではあえてその方法を公開する。

女性がレジで会計を行っている場面。女性はクレジットカードをスキャン後、暗証番号を打ち込んでいる。

続きはコチラ

↓↓↓↓↓

スポンサードリンク


 
女性は会計を終えて、次に並んでいた男性(犯人役)がレジの前に立つ。

男性が右手に持っているiPhoneに注目してほしい。

このiPhoneケースには、赤外線サーモグラフィー機能がある。

男性はiPhoneで音楽を聞いているかのように装っているが、実はこの時にカードスキャナ機を撮影しているのだ。

そうして撮られた画像がこちら。

ゴム製やプラスチック製のキーの場合、数十秒経過しても熱が残るので、画像には女性が押したキーが色づいて写っている。

しかも、濃さが少しずつちがう。

直近で押したものほど熱がある=濃くなっているのだ。

つまり番号を押した順番も、犯人は予測できることになる。約50%の確率で、暗証番号の解読が可能だという。

簡単すぎてゾッとするような手法だが、対策法はある。

暗証番号を押した後に、他のキーパッドにも軽く触れてほしい。押さなくても構わない。

これにより、関係のないキーにも熱反応が出て、予測が難しくなる。

一見、ふつうのiPhoneケースにしか見えないこのサーモグラフィーは 現在では3万円前後という低価格で手に入ってしまうという。

このサーモグラフィーのガジェットは、本来は機械の異常検知や野外での動物検知が目的となる。

もともとは犯罪のための道具ではないので、誤解はしないでほしい。

日本でもこの方法による犯罪が発生する恐れは十分にある。みなさん、自衛手段を身につけ、暗証番号入力時にはくれぐれもご注意を。