Naitter【泣いた】

ドライヤーを利用して車のバンパーについた「へこみ」を修理する方法

ドライヤーを利用して車のバンパーについた「へこみ」を修理する方法

ドライヤーを利用して車のバンパーについた「へこみ」を修理する方法


Repair00
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画はコチラ

↓↓↓↓

車のへこみをドライヤーで修理する方法

ドライヤーの熱でバンパーを温めて、裏側からへこみの部分を手で押し返すという方法です。思いつきにみえるこの動画ですが、実はプロの修理方法と同じ原理なんです。

今回は家庭によくあるドライヤーで試していますが、業者が修理する際はバーナーを使って加熱しています。

バンパーは樹脂で出来ていて、一定の温度に達すると素材が「軟化」します。その状態で裏側から押し返すと、元の形状に戻っていくという仕組み。そして時間がたつと樹脂が冷めて再度硬化します。

Repair01

バンパーが裏側から押せない時の修理方法

裏側から押し返せない時にどうすればよいか? そんな状況を解決してくれる動画をご紹介します。