Naitter【泣いた】

末期がんを宣告されたコストコ従業員に、客から送られた感動のサプライズ!

末期がんを宣告されたコストコ従業員に、客から送られた感動のサプライズ!

末期がんを宣告されたコストコ従業員に、客から送られた感動のサプライズ!


コストコの入口でいつも微笑む男性

出典 https://twitter.com

彼の名はArlie Smith(以下スミス)、45歳。カリフォルニアのコストコで働き続けて21年のベテラン従業員だ。入口で客のレシートをチェックする担当の彼、「いつも笑顔でハッピーをくれる、間違いなくコストコの顔だよ」多くの顧客から愛されている。

ところが彼に試練が…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

スミスは、2年前に多発性硬化症と診断を受ける。さらに、昨年の9月には末期がんの宣告され、余命2年と医師に告げられたのだ。

しかし、スミスはコストコで働き続ける事を決意

出典 http://www.foxnews.com

末期がんと診断されてからも、スミスは前向きな姿勢を崩さなかった。自分が生き甲斐として働いてきたコストコを辞めずに、働き続ける事を誓ったのだ。

命の許す限り笑顔でコストコの入口に立ちたいという彼に、彼の妻シャリは、「彼は、末期がんを知ってからも仕事への熱意と、幸せを失っていないわ」と語る。

そんな彼に、顧客や同僚たちから驚くべきサプライズが!

出典 http://wn.ktvu.com

ある日の午後、スミスを愛する顧客や同僚が店に押し掛けた。「あなたを愛する人が集まったの」と突然、客の女性が彼に告げ、贈り物を手渡したのだ。

なんと、がんと診断されてからも日々笑顔で店頭に立ち続けるスミスの姿に、「愛する奥さんと休暇を取って、お気に入りの場所でゆっくりしてきてほしい」と、同僚や顧客から2500ドルもの寄付が寄せられたのだ。

「お客様は、かけがえのない宝物だ」

出典 http://www.huffingtonpost.com

スミスは、感激のあまり涙を流しながら「お客様は、かけがえなのない宝物です」と語った。そして彼は本当に謙虚だった。「みなさんにして頂いた寄付、そこにこもった愛、そしてコストコで過ごせる毎日は、私には余りあるほどです。私ほどの幸せ者はいないでしょう。」

自分より他人を思いやれる、スミスの優しさ

出典 https://twitter.com

今日もスミスは、笑顔で入口に立ち続けています。「私のゴールは、自分のためになることやナンバーワンになることじゃない。末期がんになって、私は自分の使命を知った。この世の中をより良いものにすること、それが自分が一番前向きになれる方法なんだ」


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。