Naitter【泣いた】

最後の願い・・・亡くなる10時間前に挙げられた結婚式が切なすぎる

最後の願い・・・亡くなる10時間前に挙げられた結婚式が切なすぎる

最後の願い・・・亡くなる10時間前に挙げられた結婚式が切なすぎる


viral-wedding-Rowden-and-Leizel
友だち追加数

 

 

 

 

 

動画はコチラ

↓↓↓↓

フィリピン在住のRowdenさんとLeizelさんの挙式は、
Rowdenさんが30歳を迎える
2014年7月に予定されていました。

しかし、5月下旬に29歳のRowdenさんが
医師から受けた診断は、肝臓がんのステージ4。

いわゆる、手の打ちようのない末期がんでした。

余命僅かな新郎が望んだ最後の願いは、

「愛する人たちの前で、
自分たちの2歳になる娘の前で、
Leizelさんと結婚式を挙げたい」

ということでした。

Rowdenさんの最後の願いを叶えるため、
Rowdenさんの家族は急遽6月に
結婚式を挙げることを決断します。

準備時間はたったの12時間。

病院を出られる病状ではなかったため、
式は病院で挙げられました。

余命僅かな新郎が望んだ最後の願い。

清らかで美しい教会と化した病室にて執り行なわれた
切なく、涙溢れる結婚式です。