Naitter【泣いた】

ファミリーマートが会社ぐるみで不正の事実を隠蔽し追求した店を次々と契約解除で閉店させる‏!?

ファミリーマートが会社ぐるみで不正の事実を隠蔽し追求した店を次々と契約解除で閉店させる‏!?

ファミリーマートが会社ぐるみで不正の事実を隠蔽し追求した店を次々と契約解除で閉店させる‏!?


a
先日話題になったファミリーマート八王子旭町店の全品半額セール。これは1月16日まで店の物が半額と告知されており、Twitterで拡散され話題になった。その後その店舗は閉店となったが実はその半額セールの裏にはとんでもない事実が隠されていた。

続きはコチラ

↓↓↓↓↓

スポンサードリンク

ファミリーマートのフランチャイズ稲城長峰店の店長だった人のブログを見るとその事実が書かれている。そこによると、本部スーパーバイザーと棚卸し業者によるQUOカード不正突き上げ。この店長はそれを発見したのだという。 またこのブログには書かれていないが、詳細を探ってみるとQUOカードの不正は伝票操作により隠されており、ファミリーマートもそれを公表していない。被害は6店舗で55万9000円にもなるという。

9月8日に東京国際フォーラムにて開催された店長集会でこのことを問いただしたところ、本部側から退場処分を下されたという。 実際には事前に不正があったことが説明されたが誰がやったのかは公表しなかったという。それに納得いかない加盟店たちは騒ぎだしそれを制するように「質疑応答は儲けておりません」とするも、会場にいた1人が「不正を示す伝票を持ってる」と発言。これがおそらく稲城長峰店の店長だったのだろう。

その後連絡は一切無いまま、加盟店の契約解除が執行された。この店長は出店に1500万円を投じており、店内外の物品の所有権のほとんどがこの店長の物だという。明け渡しの作業が終えたあとに3000万円の請求が本部から届き困惑していたという。 

契約解除された店舗はここだけでなく、八王子旭町店、町田成瀬街道店、稲城向陽台店も該当する。今回半額セールを行った八王子旭町店も同様に出禁を食らっているとブログに書いている。 3000万円請求されたから半額セールをしたのか、閉店が決まったから半額セールをしたのかは不明だが、QUOカードの不正をうやむやにするファミリーマート側に非がありそうだ。

簡単なまとめ 

QUOカードの不正を店長が発見

店長集会で指摘

本部「でていけ!」

後日契約解除

仕方なく半額セール

画像
no title
no title
no title