Naitter【泣いた】

泥酔ベッド写真が流出し消えた香里奈の現在とは!?

泥酔ベッド写真が流出し消えた香里奈の現在とは!?

泥酔ベッド写真が流出し消えた香里奈の現在とは!?


img_0
 2014年3月25日。今なお多くの人の脳裏に焼き付いているであろう、香里奈の “大股開き写真” が「フライデー」(講談社)に掲載された。その後、彼女のメディア露出は激減! ニッセンのCMも流れなくなった……。 

そんな彼女が、先月発売の「bea’s up」(スタンダードマガジン)2015年1月号にて約9カ月ぶりとなるファッション誌の表紙を務めた。 
修正は加えられているにしろ、長い手足に超小顔を兼ね備え、165cmには見えない圧倒的な存在感を放っている。多くの人が知っている、いつもの香里奈だ。ただ、見る側の彼女に対する認識は大きく変わった。 

続きはコチラ

↓↓↓↓↓

スポンサードリンク

messy_16000_0

芸能人とは「イメージ商売」だが、今の彼女は「赤文字系モデル」でも「月9女優」でもなく、「酔っ払ってパン1で大股開いて寝る女」だろう。 

006706_02s

衝撃写真が撮られた詳細は既報の通りだが、messyでも再三申し上げている通り、生きていれば大股開いて寝てしまう日もあるはずだ。

最近見事(?)に復活を遂げた矢口真里の“クローゼット事件”に比べるとなぜ彼女が平気な顔してテレビに写り、香里奈はまだなのか……と疑問を抱く。
確かにスポンサーありきの芸能界において反省点はあるにしろ、行動の是非を問うならば、はるかに矢口のほうがNG度は高い。 

香里奈は14年間ともにした「Ray」(主婦の友社)を卒業した際に、「『Ray』をやめてもモデルをやめることはないです。自分の原点はやっぱりモデルなので、それを大切にして、まだ見せたことのない自分を見せていけたらいいなと思います」と語った。

彼女の意図する「見せたことのない自分」ではなかったにしろ、あそこまでの姿をさらした彼女にとって、もう怖いものなどないはずだ。