Naitter【泣いた】

【独立】安室奈美恵と名乗れない!?所属事務所とドロ沼バトル…

【独立】安室奈美恵と名乗れない!?所属事務所とドロ沼バトル…

【独立】安室奈美恵と名乗れない!?所属事務所とドロ沼バトル…


img_visual2


2014年8月に発覚した歌手・安室奈美恵(37)の所属事務所からの独立騒動が、さらにドロ沼化している。 
12月25日発売の『週刊新潮』(新潮社)は、所属事務所が「独立するなら安室奈美恵の名前は使わせない」として、同年7月に「安室奈美恵」を特許庁に商標登録出願していたと報じた。 

続きはコチラ

↓↓↓↓↓

スポンサードリンク



ことの発端は5月、安室が個人事務所を設立したいと言い出したこと。 
これに安室の育ての親といわれる平哲夫社長をはじめ、所属事務所側は激怒。安室は8月に一度は謝罪文を送ったというが、平社長は反論文を返し、現在もこう着状態が続いている。 

しかし「安室奈美恵」の商標登録は、安室本人の承諾がなければ不可能。 
そのため結局は出願を取り下げたという。こうなることは、もちろん所属事務所は承知の上だったが、本気で怒っているという“意志”を端的に表した恣意行動だったようだ。 

これからの仕事は何も決まっていない!? 

平社長は安室を実の娘のように大切に育て上げブレークに導き、“安室の東京の父”とも呼ばれた。 

「平社長が2001年、ライジングの巨額脱税事件で逮捕された際には、大手芸能プロが安室獲得に動いたことがあったそうです。 
強い権力を持つ大手に移籍すれば、この件に限らず色々な面で守ってもらえますし、安泰が約束されるようなもの。 
しかし、安室は『育ての親だから』と平社長の顔を立て、移籍は拒否したといいます」(芸能ライター) 

このエピソードからも、2人の間には深い絆があったと思われていたが……。 

「12月7日に代々木国立競技場でマスコミを招いて開催された安室のツアー東京公演にも、いつもなら必ずいる平社長は顔を出さなかったそうです。 
マスコミの呼び込みなどの仕切りは、まだ所属事務所が請け負っていましたが、明らかに今までとは熱の入れが違いましたね」(スポーツ紙記者)