Naitter【泣いた】

奥海聖 顔画像や動機は?宮城・石巻市の離島 金華山に不法投棄

奥海聖 顔画像や動機は?宮城・石巻市の離島 金華山に不法投棄


奥州三大霊場とされている宮城・石巻市の離島、金華山にある神社の敷地内に、蛍光灯などを不法に捨てた疑いで、宮司の男ら3人が逮捕されました。

逮捕されたのは、金華山黄金山神社の宮司・奥海聖容疑者(66歳)と、神社の職員・小松匡志容疑者(49歳)、神社の元職員・日野篤志容疑者(43歳)の3人です。

警察によると、奥海容疑者と小松容疑者は共謀し、2017年6月、宮城・石巻市の離島、金華山にある黄金山神社の敷地内に、蛍光灯などおよそ50kgを不法に捨てた疑いが持たれています。

 

  • 名前:奥海聖
  • 年齢:66歳
  • 住所:宮城県石巻市鮎川浜
  • 職業:宮司

奥海聖容疑者の画像はこちらです。

  出典:https://headlines.yahoo.co.jp

逮捕されたのは、金華山黄金山神社の宮司・奥海聖容疑者(66歳)と、神社の職員・小松匡志容疑者(49歳)、神社の元職員・日野篤志容疑者(43歳)の3人。

奥海聖容疑者、小松匡志容疑者は容疑を否認し、日野篤志容疑者は「捨てていい場所だと思った」と供述しているそうです。

 

 

詳細はこちらです。

国立公園に指定されている宮城県石巻市の離島=金華山にあり、1200年以上の歴史があるとされる黄金山神社の宮司ら3人が、神社で使っていた灯籠など約2トンを島内に不法投棄していた疑いで逮捕されました。

 廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは、金華山の黄金山神社の宮司奥海聖容疑者(66)神社職員の小松匡志容疑者(49)、それに、神社の元職員の日野篤志容疑者(43)の3人です。

 2018年5月、TBCが撮影した映像です。警察によりますと、3人は、2017年6月から7月にかけて、神社で使用していた灯籠11基や蛍光灯など約2トンを島内に不法に捨てた疑いがもたれています。 

宮城県警の警備艇が、2018年1月に海上パトロールしていた際、大量のごみが捨てられているのを見つけ捜査を進めていました。TBCの取材でも、灯籠のほかに自動販売機や軽トラックなどが無造作に並んでいるのが確認できました。


 金華山は、1979年に島全体が国定公園に指定され、震災後は、三陸復興国立公園に編入されています。2018年7月、奥海容疑者は、TBCの取材に1200年以上とされる神社の歴史について、誇らしげに語っていました。

警察は、廃棄物を島の外に運んで処理する費用を浮かせる目的があったとみて調べを進めています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。