Naitter【泣いた】

日テレ「イッテQ」ヤラセ事件でラオス政府激怒

日テレ「イッテQ」ヤラセ事件でラオス政府激怒

日テレ「イッテQ」ヤラセ事件でラオス政府激怒


2015年5月に放送された「世界の果てまでイッテQ」の番組内で紹介されたラオスのお祭りが、実は存在しない「日本テレビの要請によって作られたイベント」だったことが判明し、インターネット上で大炎上している。番組はラオスのお祭りとして紹介していたが、偽祭りだったわけで、激怒するのも当然だ。

スポンサードリンク

 

・日本テレビが「ラオスのお祭り」として紹介
日本テレビと契約しているコーディネーターが白状した内容によると、このコーディネーター自身が考えた「自転車で橋を渡るイベント」を日本テレビに提案。すると日本テレビから許可が出たため、コーディネーターがイベントのセットを作り、人を集め、日本テレビが「ラオスのお祭り」として紹介した。

スポンサードリンク

・日本テレビに対して批判の声
しかし放送後、このお祭りが存在しない偽祭りであることが発覚。この偽祭りに参加した少年は「賞金が出ると言われて参加した」「30人くらい集めたいと言われた」「サッカーのトレーニングになるから参加してと言われた」と裏側を暴露し、インターネット上で日本テレビに対して批判の声が集まっている。

itteq1

・日本人は誠実な人たちだと思っていた
コーディネーターが考えた偽祭りにゴーサインを出した日本テレビの罪は重く、今回の騒動にラオス政府(ラオス情報文観光省)がブチギレ激怒。「今後の日本に対する対応を協議している。日本人は誠実な人たちだと思っていた。今後はもっと申請を精査する必要がある」と断言するなど、国交悪化が確定的な流れとなっている。