Naitter【泣いた】

貴乃花親方 退職届提出!真相は?

貴乃花親方 退職届提出!真相は?

貴乃花親方 退職届提出!真相は?


貴乃花親方が25日、日本相撲協会に退職届けを提出したことを発表しました。

前日24日には、貴乃花後援会の公式ページ上で意味深なメッセージを出されていましたが、やはり予想通り、退職という選択をされましたね。

責任感の強い親方が決断したことですから、弟子のみなさんも受け止めるしかないのでしょうが、いままで貴乃花部屋の力士として頑張ってきた、若い人たちは、今後どうなってしまうのでしょうか。

頑固一徹の、まっすぐな貴乃花親方ですから、一度ご自身で決断されたことは、誰が何と言おうと覆したりはしない性格でしょうけれど、せっかくいい力士たちが育ってきていたのに、なんだか切ないですね。

貴乃花親方は、弟子たちにどのように説明したのでしょうか。弟子たちは皆、納得されたのでしょうか。

貴乃花親方は、今度どうしていくつもりなのでしょうね。相撲界には必要な方だと思うのですが、これから相撲界はどうなってしまうのか、気になります。

スポンサードリンク

報道詳細

貴乃花親方が25日、日本相撲協会に退職届けを提出したことを発表した。

貴乃花親方は書面で「本日、公益財団法人日本相撲協会に対し、年寄を退職させていただく旨の退職届け及び、貴乃花部屋に所属する弟子、床山、世話人全員について所属先を変更させていただきたい旨の変更願いを提出いたしました」と報告。この日午後にも会見を行い、退職理由を説明するとした。

貴乃花親方は24日に貴乃花応援会の公式HPで「皆様、長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子達を今後、末永く応援賜りますように何卒よろしくお願い申し上げます」と意味深コメントを掲載しており、退職するのではとの憶測が流れていた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

2003年1月場所限りで引退して二子山部屋の部屋付き親方となっていた一代年寄・貴乃花親方が、2004年2月1日付で二子山部屋を継承し、同時に部屋の名称も貴乃花部屋へと変更されました。

2008年3月に約4年ぶりの新弟子となる貴天秀が入門して以降は、徐々に所属力士が増加し、2012年7月場所においてモンゴル出身の貴ノ岩が新十両へ昇進し、貴乃花親方が部屋を継承してから入門した力士としては初となる関取が誕生しています。

 

2010年1月に行われた日本相撲協会理事選挙において、貴乃花親方が二所ノ関一門内の事前調整を拒否して独自に立候補を表明したため、貴乃花部屋はそれまで所属していた二所ノ関一門から離脱しました。

その後はどの一門にも属さずに、大嶽部屋などと「貴乃花グループ」を形成し、2014年5月に「貴乃花一門」と改称しましたが今年6月に消滅、阿武松親方や無所属だった錣山親方ら9人が二所ノ関一門に加入しました。