Naitter【泣いた】

渋谷すばる 会見でのコメント全文

渋谷すばる 会見でのコメント全文

渋谷すばる 会見でのコメント全文


現段階で公開されている

渋谷すばるさんの会見でのコメントです。

スポンサードリンク

本日は貴重なお時間を頂戴いただき、ありがとうございます。

えー、渡しく渋谷すばるからお伝えさせていただきたいことがございます。

この度、ジャニーズ事務所を辞めさせていたく決断をいたしました。

36歳という年齢を迎え、人生残り半分と考えた時に、

いままでは

ジャニーズ事務所

関ジャニ∞というグループに

ありがたくも守られ、

支えられ、

時には甘えさせてもいただきましたが、

この先は

今までの環境ではなく

すべて

自分自身の責任下で

自分の人生を

音楽で全うするべく

海外で音楽を学び、

今後さらに自分の音楽というものを

深く追求していきたいと思いました。

メンバーと何度も話し合いました。

そのたびに

自分を見つめなおし、

考えなおしました。

ですが、自分の意思が

変わる事はありませんでした。

自分勝手な決断で申し訳ありません

目は赤みを帯びでおり、

涙ぐんでいる様子が見て取れます。

よっぽど辛い決断だったんでしょうね。。。

 

また、

放送されている映像以外にも

「今までも曲をつくることはしたので、音楽を勉強するなかでそれを形にしていこう。なにかしらの形で発表するのかはわからないですが、ゆくゆくはそういうタイミングや機会があればいずれはできたら。引退ということではない」

「音楽というものをちゃんと勉強したことがない。そういった音楽の学校なのか、いろんなところへ行って学びたい」

と語学も含め学んでいきたいと告白されています。

具体的な場所は検討中とのこと。

 

「とりあえず英語圏の方がいいかなというのは漠然と思っている」

「音楽を学びながら自分のなかから出てくるものを音楽として形にしていけたら」

と今後の方向性を示しています。

その他に記者からの質問は以下となっています。

 

Q:退所のキッカケについてはー?

A:れがきっかけでは無い。

 

Q:ジャニーさんに報告したのは

A:二日前

 

Q:メンバー全員で話し合った回数は?

A:二回

 

Q:メンバーはどんな言葉でひきとめた?

A:話を聞いたときの反応は

なんでや?

それはいやや!

・・しかなかった。

しかし、そこまで言うのであれば、それはもう頑張ってこいという思いしかなかった