Naitter【泣いた】

ドイツのイケメン歌手が歌う切なくてセクシーなPPAPにウットリする人続出

ドイツのイケメン歌手が歌う切なくてセクシーなPPAPにウットリする人続出

ドイツのイケメン歌手が歌う切なくてセクシーなPPAPにウットリする人続出


uploaded

 

 


 


 


 


 


 

 

・世界中で大ヒットしたPPAP

世界中で大ヒットしているピコ太郎さんが歌うPPAP。
とてもマネしやすく親しみやすいPPAPを多くのマネする人が続出!そんな中、ある外国人の方がPPAPをカバーし、あまりにもセクシーだと話題になっているのをご存知でしょうか。

・PPAPとは

出典 YouTube

これだけヒットしたということもあって、ご存知のない方の方が少ないかもしれませんが、改めて背爪いさせていただきます。

PPAPとはPen-Pineapple-Apple-Pen(ペンパイナッポーアッポーペン)の略称で、アーティストのピコ太郎さんが自身の公式YouTubeチャンネルで2016年8月25日に投稿した動画が話題となりました。

このYouTube動画は1分少々のごく短い再生時間ではありますが、キャッチーなメロディとフレーズがクセになる作品。テクノ風のピコピコした音楽にあわせてピコ太郎さんが踊り、ペンとリンゴとパイナップルで「ペンパイナッポーアッポーペン」を作る様子が流れます。

・ジャスティンビーバーがつぶやいたことをきっかけに拡散!

出典 https://twitter.com

話題となっていた動画を、世界的に人気なジャスティンビーバーさんが「ボクのお気に入りの動画」とTwitterで呟いたことをきっかけに、さらにピコ太郎さんの名が世界中に知れ渡り大ブームを巻き起こしました。

・セクシーすぎるPPAP

そんなPPAPですが、ウワサのセクシーすぎるPPAPカバー作品についてご紹介させていただきます。

そのカバー作品は10月6日に公開されると、3週間弱で約194万回も再生される結果となったようです。それほどまでに注目を浴びた作品、内容が気になりますね!

1.ピアノが流れる

出典 https://youtu.be

これは動画の冒頭、ピアノ音でイントロが流れ始めます。あれ?なんか切なくてキレイなメロディ…

2.真剣な表情の男性

出典 https://youtu.be

両手を合わせ、何か想いつめている男性。とても真剣な表情です。アーティストのミュージックビデオで、バラード調の曲ってこういうシーンありますよね。
え?これPPAPの動画?何かの間違いじゃ…。

3.ペンを持ち出した

出典 https://youtu.be

この雰囲気の中ペンが登場しました。やっぱりPPAP?
次の瞬間「I have a pen」男性の声がセクシーすぎて驚きます。

4.アッポーペン登場

出典 https://youtu.be

あ、突き刺した!
でも表情と歌声がとってもセクシーで不思議な雰囲気に包まれています。

5.なぜかセクシーポーズ

出典 https://youtu.be

首の後ろのあたりに手を持ってきてまた何やら思いつめている模様です。切なくて儚い、失恋でもしたのかなと思わせる表情。PPAPのはずなのにカッコいいお兄さんにウットリしてしまいます。

6.やっぱりパイナポーが登場

出典 https://youtu.be

「あっ」という声と同時にパイナポーにペンを突き刺す動作をするお兄さん。「あっ」って声がまたセクシー!「パイナポーペン」がカッコよく見えて不思議。

7.PPAP完成

出典 https://youtu.be

ペンパイナポーアポペンの完成。うっとり。

・なぜかリンゴを食べるシーンも

出典 https://youtu.be

本家のピコ太郎さんもしていない動きが所々で見れます。

・ご視聴ください。

出典 YouTube

せ、セクシー!これがPPAPだなんて。
あのコミカルで面白おかしいPPAPはどこに?同じPPAPとは思えませんね。是非一度動画でご視聴ください。

・シンガーソングライターのモリッツ・ガース氏

出典 https://www.facebook.com

このとってもセクシーでカッコいい歌手は、ベルリンを拠点に活動するシンガーソングライターのモリッツ・ガース氏です。素敵なルックスと歌唱力、本気のPPAPがここにアリ!?

PPAPを超真面目にカバーした彼には世界中から「すごい」「かっこいい」と多くの反響が動画のコメントに寄せられています。もちろん日本からも「めちゃくちゃかっこよくなってて草」「何この悲しげな感じ」「このPPAPが1番好きwww」といったコメントが見られました。

大きな反響を呼んだこの動画、ミュージックステーションや朝のニュース番組などでも彼が紹介される結果となっています。

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

本家の作品が脳裏に焼き付いているからこそ、ガラッとイメージの違うモリッツ氏のカバー作品がグッと引き立つのかもしれませんね。
色んな視点からカバーされ愛されるPPAP,今後もどんな話題を提供してくれるのか楽しみですね♪


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。