Naitter【泣いた】

アップルが「iOS10」の提供を開始

アップルが「iOS10」の提供を開始

アップルが「iOS10」の提供を開始


uploaded

 

 

 

 

 

 

 

 

1.標準メッセージアプリ「iMessage」大幅アップデート

出典 http://www.apple.com

iOS10で1番の進化を遂げるとも言える標準アプリ「iMessage」。新たに、手書きのアニメーションを送信したり、背景にフルスクリーンのエフェクトをつけたり、Digital Touch機能では手書きやタップ、ハートビートなどをつけて送信する機能が加わりました。

さらに、メッセージや写真を隠した状態で送信してスワイプするだけで現れる”見えないインク”、文字入力の際にはタップするだけで単語を簡単に絵文字に置き換えられる機能も。

出典 http://www.apple.com

メッセージにURLが含まれる場合はサイトの内容を表示するリッチリンクに対応。YouTubeの動画再生や、共有したWebページのプレビューを表示。画像を送信する場合にはメッセージ画面のまま撮影したり、アルバムから写真を選んで送れるようになります。

無料通話アプリ「LINE」のスタンプに似た「ステッカー」と呼ばれるイラスト送信機能にも対応。「iMessage」アプリがサードパーティへ開放されるようになるため、ステッカーを購入したり、アプリから支払を行う機能を追加することも可能になります。

まとめると「LINE」のような機能を搭載し、さらに便利に進化したというわけですね。

2.「ロック画面」と「3D Touch」

Licensed by gettyimages ®

iPhoneを持ち上げるだけでスリープを解除でき、画面に表示される通知で、ボタンを押さなくてもすぐに確認できるようになりました。そして、カレンダー、天気、株価などのアプリで「3D Touch」を使うと、必要な情報をワンタッチでチェックすることが可能になり、実用性が向上。

3.「Siri」の利用範囲拡大

Licensed by gettyimages ®

さらに賢く生まれ変わる「Siri」機能。アプリは、メッセージ/チャット、写真、通話アプリ、配車サービス、支払いのためのアプリ、フィットネス系アプリなど、あらゆるアプリに対応。

留守番電話の内容を自動でテキストに変換してくれるので、音声を聞かなくても内容を確認することが可能に。

4.標準「マップ」アプリも大きく進化

出典 http://www.apple.com

過去の移動履歴やカレンダーの予定から行きそうな場所とそこへの最短経路を予測して提案してくれたり、 レストラン予約や配車サービスアプリを使えばアプリから直接予約が可能に。

自宅などのよく行く場所やカレンダーの予定の場所、画面表示中の周辺の天気や、CarPlayまたはBluetoothを経由すれば車を駐車した場所までも表示されるようになります。

経路に沿ったショップの検索強化や、ナビゲーションの最中でもマップを動かしたり縮小・拡大することが可能になるのも便利なところ。

5.標準「写真」アプリは自動でグループ化

出典 http://www.apple.com

これまでも撮影地など自動でグループ分けされていましたが今回の目玉は「顔認証」機能。これにより人物、撮影地、撮影日時、シーンなどでグループ化されたアルバムを生成してくれます。

そして、自動で写真をピックアップしてアルバムを作成してくれる新機能「メモリー」。そのアルバムに好きなBGMを付けてオシャレなスライドショーで楽しめます。長さは短編(約30秒)、中編(約1分)、長編(約1分30秒)から選択。

さらに特筆すべきはパワーアップした「検索」。例えば「海」で検索すれば海の写真が、「沖縄」で検索すれば沖縄の写真が、「海 沖縄」で検索すれば沖縄の海で撮影した写真がずらっと出てきます。これは地味に嬉しい!

6.シンプルで見やすくなった「Apple Music」

出典 http://www.apple.com

「Apple Music」は簡素化。直感的なデザインでアルバムやプレイリストが見やすくなりました。ミュージック再生中の機能も改善され、上にスワイプして歌詞を見たり、次に再生される曲を見たり編集したりできるように。

7.新アプリ「ホーム」で自宅の家電を操作

出典 http://www.apple.com

iOSデバイスから自宅の家電を操作できる「HomeKit」専用の新しいアプリ「ホーム」を導入。エアコンの気温設定、ブラインドや玄関の鍵の開閉など、家電製品の操作をiPhoneから行うことが出来ます。

8.ちょっぴり不便!?細かく変わったロック画面

Licensed by gettyimages ®

これまで右スワイプでロックを解除していたのが、ホームボタンを押してロックを解除しなければならなくなりました。TouchIDを使った指紋認証の場合もすぐにホーム画面は開かず、ホーム画面にいくにはわざわざホームボタンを押す必要があります。

もしもホームボタンが壊れてる方や、使いたくない方は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ホームボタン」内にある「指を当てて開く」をオンにすると、ホームボタンを使わずに使えます。

■アップデートには注意が必要!

「iOS 10」へのアップデートはOTAでも可能ですが、SNSでは失敗報告も多数見受けられます。そして、「iOS 10」への更新に伴い、iTunesではサポートする「iTunes 12.5.1」も提供開始となりました。

今のところ「iOS 10」を入手する前には、「iTunes」をアップデートしてから、iTunes経由で更新するのが確実のようです。もちろん、バックアップを取ることはお忘れなく。

■インストール中に不具合が発生したら!?

もしインストール中に不具合が発生してリカバリモードに入ってしまい、操作ができなくなってしまった場合は「DFUモード」での起動を。

1.USBケーブルでiTunesと接続
2.iPhoneのホームボタンとスリープボタンを同時に10秒長押し
3.画面が消えたらスリープボタンだけを離し、ホームボタンを長押し

この方法で「DFUモード」で起動させて、事前に行ったバックアップから復元をしましょう。そして、どうしても提供直後には不具合の出るアプリがありますので、普段使っているアプリが対応しているか事前にチェックするのも必至です。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。