Naitter【泣いた】

ロバート秋山の“なりきりクリエイティブ・ディレクター動画”が全篇公開!

ロバート秋山の“なりきりクリエイティブ・ディレクター動画”が全篇公開!

ロバート秋山の“なりきりクリエイティブ・ディレクター動画”が全篇公開!


uploaded

 

 

 

CMの申し子、近松マサヲミさん

自身の名前がアルファベットでCMChikamatsu Masawomi)であることからも、「CMを作るために生まれてきた」と語る秋山さん…ではなく近松さん。CMに懸ける情熱は並々ならぬもので、企画立案のために最長70日間も部屋に篭ったこともあるとか。

秋山さんの演技に思わずニヤリ

この頭の後ろで手を組む仕草!大物クリエイティブ・ディレクターを匂わす動きに思わずニヤリとしてしまいます。

企画会議では一転、真剣な表情に

そしていよいよ、のんある気分の新CM企画会議が始まりました。

視線の先には何が見えているのだろうか?

会議に参加するスタッフ全員でアイデアを出し合うも、これまでに数々の正念場を経験してきた近松さんのひらめきを超えるものはなかなか出てこず、ジリジリとした時間が流れていた。

そう、近松さんはあらゆる企画を考え尽くしているのです。

絵を描くのは得意じゃない、のかな?

そんな中、会議中に近松さん直筆の似顔絵とともに出演タレント候補として名前が挙がったのが、広末涼子さん。この絵を見て、広末さんだと分かる人が世界に何人いるのでしょう…。

そしてもう一人は、近松さん本人が今一番ハマっているという、お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さん!このキャスティングは、まさに職権乱…いや、ここにいるのはあくまでもCM界の鬼才・近松マサヲミさんなのです。

出典 YouTube

そして、緊張の撮影当日

そして、ついにCM撮影当日。

オフィスとは一転、動きやすい現場ファッションに身を包んだ近松さんが登場し、早速撮影を開始。しかし、撮影にはハプニングがつきもの。CMの主役であるのんある気分“たち”の緊張が解けず、近松さんのイメージする画が撮れないという事態に…。

クライアントにもまさかの発言…!

緊張を解くため、クライアントであるサントリー担当者に帰ってほしいと伝える近松さん。破天荒にも思えるその発言ではあるものの、その目的はただ一つ。良い作品を作りたいという熱い想いが彼をそうさせていたのです。

出典 YouTube

たくさんのスタッフやカメラに囲まれたのんある気分“たち”が、心なしか緊張しているように見えてくるから不思議です。これも鬼才(!)近松マサヲミさんのなせる技なのでしょうか?(笑)

驚きの演出法が飛び出す

最終手段の寝かしつけ作戦を繰り出す近松さん。なんと、どの現場でもこうして被写体となる商品を一度寝かせ、十分にリラックスさせてから本番撮影に挑むのが、彼の流儀。さすがは数々の広告賞を手にしてきた、百戦錬磨の男です

そんな近松さんのファインプレイもあり撮影は無事終了。

しかし、CM完成まではまだ、編集室での作業などが待っています。こちらでもまた“近松節”がでた模様…。

そんな、CMが出来上がるまでのドキュメント(?)と、秋山さんの類い稀なる演技が見られる動画、ぜひ全篇ご覧くださいね!


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。