Naitter【泣いた】

「息子をかばおうとしてしまう」葛藤の謝罪会見で溢れ出た母としての想い

「息子をかばおうとしてしまう」葛藤の謝罪会見で溢れ出た母としての想い

「息子をかばおうとしてしまう」葛藤の謝罪会見で溢れ出た母としての想い


cached

強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された俳優高畑裕太容疑者(22)の母で女優の高畑淳子(61)が26日、都内のホテルで記者会見を開いた。会見は63分にも及び、涙ながらに被害者と仕事で迷惑をかけた関係者に謝罪した。

出典 http://www.nikkansports.com

高畑さんは、「自分のやってしまったことをしっかり自覚してほしい」「被害者の方にどれほどの思いをさせてしまったのか心に植え付けてほしい」「ご迷惑をかけた人のことを1日1万回思い出し、自分の中で確認してほしい」と被害者の方や迷惑をかけた関係者への反省をしてほしい、と語っていました。

その一方で、会見で語られる内容には、息子の犯罪という突然の出来事に戸惑い、受け止めようとする母親としての気持ちが滲み出る発言がありました。

「親は本当に馬鹿な生き物」

出典 https://www.youtube.com

こんなことになっても親は本当に馬鹿な生き物で、どうにかしてこれが間違いであってくれと、息子をかばおうとしてしまう気持ちになってしまいます。

出典 https://www.youtube.com

「親バカ」という言葉もありますが、突然の出来事に混乱してしまう気持ち、嘘であってほしいという気持ちには、とても共感します。しかし、息子さんだけでなく娘さんもいる高畑さんは、「被害者と呼ばれる方が自分の娘だったらと置き換えて考えて、冷静に物事を見なければと思っている」と、息子よりも被害者の気持ちに立って考えるようにしている、と話していました。

「育て方がいけなかったと思います」

出典 http://ameblo.jp

会見では、息子の犯罪ということで、母親である高畑さんの子育てについての質問も多く見受けられました。

嘘をつかないこと、人様に迷惑をかけないこと、人に感謝をすること、それを言ってきたつもりではありますけど、そんなことを言えることではないです。

出典 https://www.youtube.com

誰だって、犯罪者にするつもりで子育てをしている人なんていません。高畑さんも、シングルマザーという状況でも、普通の子育てをしていたのだと思います。

自分なりに精一杯やったつもりではあったのですが、このようなことになった以上、何も言えることはないと思います。育て方がいけなかったと思います。

出典 https://www.youtube.com

高畑さんは、息子・裕太さんの子育ての大変さをバラエティ番組などでよく話していました。きっと、ここまでの道のりは試行錯誤の連続だったと思います。彼女の子育てが間違っていたかどうかはわかりません。しかし、息子が犯罪をおかしてしまった以上、結果論として「子育ては失敗だった」と思われてしまうのでしょう。

「(息子が)成人した男性であってもともに贖罪すべき」

息子とはいえ、成人した男性である裕太さん。親が謝罪するということ・責任の所在について質問される場面もありました。

成人した男性であれ母親としては、ともに贖罪すべきという気持ちが走っておりますが、私だけの気持ちで動いていいのかということも、頭の隅に置かなくてはと思っています。

出典 https://www.youtube.com

母親として、息子の罪を一緒に償っていきたい、という気持ちが強いのだと思います。しかし、会見でも「ここで自分も仕事を降りてしまったら、息子と同じように迷惑がかかってしまう。仕事を全うすることも贖罪」と語っていました。しかし、現在受けている仕事を務めたあとの予定は白紙のようです。

「どんなことがあってもお母さんだから」

出典 http://ameblo.jp

最終的にどんなことがあってもどんなに申し訳ないことをしたとしても、親として守るではないですが、親でいるということが最後の最後に来ると思います

出典 https://www.youtube.com

こんな事は不謹慎で言ってはいけないんですけど、「本当に申し訳ないことをしたね」と言った後に、「でも私はどんな事があってもお母さんだからね」と、姉は「どんな事があっても裕太のお姉ちゃんだから」ということを言ったと記憶してます。

出典 https://www.youtube.com

謝罪会見では、息子の犯した罪についてしっかり謝罪する場面や、被害者の方を気遣う発言、自身の子育てを反省する発言もありました。その上で「どんなことがあってもあなたの母親」と、息子に対する支えの言葉を発言する高畑さん。この言葉には、心を動かされる人が多かったと思います。

現在、裕太さん自身のブログは削除されてしまって読めませんが、裕太さんのブログの内容をうけて、淳子さんが裕太さんの子供時代を語った言葉もあります。

生まれたばかりの、病気のデパート時代。
アトピーと、喘息時代。

魔の中学反抗期時代

高校、赤点、進級願掛けマラソン時代

その日々を見ていた、姉、高畑こと美も辛かったと思います。

私は、高畑裕太という奴を育てなければ、傲慢で鼻持ちならない女優となっていたと思います。

出典 http://ameblo.jp

今、奴は自分の好きな仕事を自分の力で手に入れ、頑張っとります。

何だか、一部週刊誌に
母親がNHKに売り込みに行った?とか書いてありましたが、
あり得ませんから‼

もう

あっ、話しそれました。

もし、今、成長期のお子さんで悩んでる方いたら、言いたいです。

時が解決します。

ここに実例あります!と言いたい。

ありがとうよ
裕太、ことちゃん、そして、婆ちゃん
天国のおとうさん

残りの人生、精一杯やっていきます。

出典 http://ameblo.jp

高畑さんの今後は?

出典 http://ameblo.jp

かつて息子の犯罪により、1年近く女優活動を自粛された方もいます。会見では何も明言されていませんが、現在受けている仕事を終えたあとは、活動自粛に入る予定なのかもしれません。

息子・裕太さんには、しっかり罪を償ってほしいと思います。しかし、息子と母親は一心同体ではありません。淳子さんの芝居を待ち望むファンのためにも、今後の女優活動を続けてもらいたいです。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。