Naitter【泣いた】

本田圭佑がイタリアに震災義援金と2つの提案

本田圭佑がイタリアに震災義援金と2つの提案

本田圭佑がイタリアに震災義援金と2つの提案


cached

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアで大地震が発生

24日午前3時36分(日本時間午前10時36分)、イタリア中部でマグニチュード6.2の大地震が起きました。少なくとも240人以上が死亡し、368人が負傷したと発表されています。まだまだ大勢が瓦礫の下に閉じ込められていると考えられ、数千人規模の作業員を動員し、夜通し行方不明者の捜索が進められているそうです。

20,000ユーロを寄付

これを受けてサッカー日本代表、イタリアのACミランに所属する本田圭佑がイタリア赤十字に義援金を寄付したというのです。公式Instagramにて、本田選手自身の言葉で明らかにされました。

* Come mostrato nella foto, a causa del terremoto di magnitudo 6,2 che ha colpito il centro Italia vi sono almeno 247 morti e centinaia di feriti. Una situazione veramente tragica. So che non servirà a nulla ma sono molto addolorato e faccio il tifo per tutte le persone che stanno lavorando nei soccorsi. Nella speranza che il mio pensiero possa raggiungerli, vorrei donare 20.000€ alla Croce Rossa Italiana. Alle persone scomparse e alle loro famiglie vanno tutte le mie più sentite condoglianze. Vorrei inoltre esprimere due miei pensieri affinché tragedie come queste possano diminuire in futuro. La prima cose è che anche il nostro paese, il Giappone, è frequentemente colpito da terremoti. Per questo motivo gli edifici sono antisismici e molto resistenti. Perché non introdurre questa tecnologia giapponese? La seconda è la necessità di inventare macchine che possano prevedere i terremoti. Per questo motivo vorrei mettere insieme un team con i migliori ingenieri del mondo. Chiedo agli ingenieri e collaboratori di tutto il mondo, che studiano largomento da anni, di contattarmi. Mi piacerebbe sostenervi il più possibile. * Central Italy was struck with a devastating 6.2 magnitude earthquake. The current situation is horrific with 247 people dead and hundreds injured. My abilities are frustratingly limited and I am hurting as a fellow human being. I would like to donate 20,000 euros to the Red Cross as my thoughts go out to the families and friends who lost their loved ones. In order to reduce the damages from earthquakes, there are two thoughts I'd like to share. First, Japan also has many earthquakes thus have built resilient buildings. Perhaps the region can incorporate Japanese technology during the rebuilding process? Second, we need to invent technology that provides advanced earthquake detection. This is a problem that humanity has not solved and I would like to unite the best engineers in the world to solve this problem. If you are an engineer/seismologist that is conducting cutting edge research or know of someone that is, please contact me. I will support this mission with everything I have. ※日本語はコメント欄最初に記載 @crocerossaitaliana#prayforitaly#wearetheworld

A post shared by Keisuke Honda (@keisukehonda_official) on

“Pray for ITALY”
この画像と共に、イタリア語と日本語の2ヶ国語で次ように投稿されていました。

上記の写真のようにイタリア中部でマグニチュード6.2の巨大地震により、現在の情報では少なくとも247名が亡くなり、負傷者が数百名にもなるという最悪な状況です。

無力ではありますが、人として心を痛めてるのと現場の人達に頑張ってほしいという想いだけは持っています。少しでも気持ちを届けたいという想いでイタリア赤十字に20,000ユーロ寄付させてもらいます。

亡くなった方々、そして家族の方々には心からお悔やみ申し上げます

出典 https://instagram.com

日本円でおよそ230万円を寄付したことを報告したわけですが、さすが本田圭佑、これだけでは終わりません。更にイタリアに向けて2つの案を提示したのです。

今後こういう被害を減らしていく為に2つ伝えたい。

1つ目は我々の国、日本も地震が多い国です。建物はそれに対応するべくとても頑丈です。日本の技術を導入してはどうでしょうか?

2つ目は地震を予期できる装置を発明するべき。その為に世界の最高なエンジニア達を集めたいと考えています

出典 https://instagram.com

出典 http://www.bbc.com

(震災前と震災後の街の様子)

そして最後にこう締めくくっています。

長年解明できていない地震について研究をし続けている世界のエンジニアの方々、もしくは関係者の方々はコンタクトをしてきてください。全力でサポートさせて頂きます

出典 https://instagram.com

海外の反応がすごい

自身の願い、夢を実現すべく動く!世界中の専門家、研究者に向けて呼び掛けています。本田選手らしいですね。これには海外からも絶賛の嵐!コメント欄が本田圭佑を讃える声、感謝の声、共感の声で溢れています。

「男の中の男だ!」「尊敬する!」「偉大な男だ!素晴らしい男だ!」「今まで批判してきたけど、お前すごいな!偉大なプロフェッショナルだ!」「ブラボー本田!ブラボー日本!」「さすが地震の恐ろしさをよくわかっている」など海外の方々からのコメントが寄せられています。

中にはACミランのライバル“インテル”のファンからも「インテリスタからも一言言わせてくれ。君はほんとに偉大だわ。すごいよ」と。

同じ日本人として誇らしいですね。いつものことながら彼の行動力には脱帽です。

東日本、熊本の震災時もこれ以上の義援金を

サッカーや本田圭佑に興味が無い人にはあまり知られていないかもしれませんが、日本で起きた大地震でももちろん彼は義援金を寄付しています。
2011年3月に起きた東日本大震災の時には、その3月中に個人として5000万円を寄付していたことが後に明らかになりました。

サッカーを通じて子供たちに夢を。

更にはサッカーボールで子供たちを笑顔に出来ないかと、被災地の子供たちに向けてサッカーボール200個を寄贈しています。そして「Notice of Honda災害支援基金」を設立して募金を募り、集まった基金で被災地の宮城県石巻市にフットサル場を建設。
子供たちに夢を持つことの大切さを伝えたい、サッカーを通じて夢を与えたい彼の信念に基づいた行動ですね。素晴らしいです。

熊本大震災の時には1000万円を寄付し、更に日本企業が自粛モードになっていることに疑問を呈し、自身の公式サイトにおいて「自粛のニュースを目にしますが僕は自粛するのは間違ってると思います。こういう時だからこそ、各々に与えられた役割を行動に移すことが求められているんじゃないでしょうか」と持論を述べていました。

とにかく熱い男“本田圭佑”

ビッグマウス、偉そう、目立ちたがり…何かと批判的に言われる事も少なくないですが、彼の中に秘めたものはとてつもなく熱いんです。

人一倍努力したから言えることがある、夢を叶えたから出来ることがある。目立ちたいからやっているのではない。子供たちに夢を与えるにはパフォーマンスも重要なわけです。彼なりの熱い想いがあっての言動ひとつひとつが、多くの人にも伝わればいいなと思います。

今回の地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々が1日でも安心して過ごせる元の生活が戻るように心からお祈り申し上げます。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。