Naitter【泣いた】

五輪レスリング、モンゴルコーチがパンツ一丁で猛抗議!?

五輪レスリング、モンゴルコーチがパンツ一丁で猛抗議!?

五輪レスリング、モンゴルコーチがパンツ一丁で猛抗議!?


787f960c2e59ea238e66f5e56e344d9d-640x357

 

 

 

 

 

 

 

 

8月21日に行われたリオデジャネイロ五輪、レスリング男子フリースタイル65キロ級3位決定戦で負けたガンゾリグ・マンダフナラン選手(モンゴル)のコーチが判定に納得せず、服を脱いでパンツ一丁になるという奇妙な方法で猛抗議し、会場が騒然とする一幕があった。

 

 

ガンゾリグが7-6とリードし、残り10秒から、喜んで両手を突き上げながら逃げ回って相手を挑発した。

この行為が組み合わない反則として判定され、相手のソスラン・ラモノフ選手(ウズベキスタン)に得点が入ってまさかの逆転負けとなった。
画像出典:YouTube(TN News)

すると、その判定に激怒したマンダフナランのコーチ2人が服を脱ぎ始めて上半身裸になると、そのうち1人はズボンまで脱ぎはじめ、パンツ一丁の姿になった。

その後、2人は警備員によって退場させられている。
画像出典:YouTube(TN News)

抗議したバヤラー・コーチは「これは抗議なんだ。モンゴル国民が銅メダルを待ち望んでいたんだ。審判員に盗まれた」と涙目で訴えた。

「ガンゾリグは7-6で勝っていたのに、あの判定で負けた。あんなペナルティーポイントが与えられたのはレスリング史上で初めての出来事だ」

「レフェリーが優秀ではなかった。彼らはウズベキスタンに味方していたんだ」

「300万人のモンゴル人がこの銅メダルを期待していたのに、われわれの手元にメダルはない。観客は100%われわれの味方だった」
画像出典:YouTube(TN News)

世界レスリング連合(UWW)は行為を問題視し、モンゴルに対して国際大会への出場停止処分を検討している。

モンゴル協会名誉会長を務める元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏は既に帰国していた。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。