Naitter【泣いた】

「野猿」解散時には悲しい事件も…SMAPだけじゃない

「野猿」解散時には悲しい事件も…SMAPだけじゃない

「野猿」解散時には悲しい事件も…SMAPだけじゃない


51r9cQPJCrL

 

 

 

 

 

 

 

 

■SMAPの分裂解散騒動の反響は政界にまで広がる

ご周知の通り、SMAPの分裂騒動と年内解散が世間に与えた衝撃は予想をはるかに超えたものとなりました。

特に1月の生放送での謝罪の際は政界でも話題となり、石破茂地方創生担当大臣は「SMAPの解散はキャンディーズの解散に匹敵する大きな出来事」と述べ、

安倍晋三内閣総理大臣は「政治の世界もそうだが、同じグループが長年続いていく上においては、さまざまな課題もある。しかし、多くのファンの方々の期待に、また願いに応えてグループが存続するのは良かった」と、グループの存続を歓迎しました。

出典 https://www.amazon.co.jp

今年1月から始まったファンによる購買行動。シングル「世界に一つだけの花」(2003年)を買うことをファンは『花摘み』と呼び、年内解散を受けて『花摘み』が活発化。

2016年6月時点で、21世紀発売のシングルCDの中で最高枚数となる270万枚以上を売り上げ、全国のCDショップでは品切れ続出。オンラインショップでは売り上げトップ10のうち9つも過去の作品がランクインしている状況です。

ファンの思いはとても強いもの。絶望の現実を突きつけられても、自分たちに今出来る事は何かと一生懸命に考え、せめて「デビュー25周年を最高の花束を贈って祝いたい」と、熱くも切ない気持ちで一致団結しています。

ここからは、これまでに分裂や解散で衝撃を与えたグループについて、ご覧ください。

■SPEED

出典 https://www.amazon.co.jp

沖縄アクターズスクールで8人組の「BRAND-NEW KIDS」として活動し、その中から新垣仁絵さん、上原多香子さん、今井絵理子さん、島袋寛子さんの4人が選抜されて結成されたSPEED。

1996年8月5日にシングル「Body & Soul」でデビュー。歌とダンスの完成度の高さや、平均年齢13.5歳と全員が小・中学生であったことは大きな注目を集めました。

その後の活躍は目覚しく、シングル11枚、アルバム6枚、ミュージック・ビデオ4本をリリースし、合わせたトータルセールスは約3000万枚・386億円にものぼります。

2000年3月31日に解散

出典 https://www.amazon.co.jp

活動期間は3年8か月。鮮烈なデビューから電撃的な解散まで、一気に駆け抜けたSPEEDですが、実は元々、1998年ごろの解散を見据えて結成されたグループでした。

よって、解散後も円満。音楽番組で共演することもありましたし、お互いがゲストとして番組に呼ばれる事も。2001年と2003年には期間限定で再結成もしました。

2008年8月には『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』で完全復活を果たしましたが、新垣さんが事務所との契約更新をしておらず、2013年4月に2度目の解散というちょっぴり残念な結末に。

ファンの反響

出典 http://www.amazon.co.jp

解散の理由を「もっと将来を考える時間が欲しかった」と、記者会見で語った島袋寛子さんは、当時まだ15歳。会見には100人以上の記者が詰めかけるほど、SPEEDの早過ぎる解散は衝撃的なニュースとなりました。

昔大好きだったSPEEDが解散したとき。倒れるぐらいショックやったけど、会見で全員さわやかにソロでやりたいこと発表して、ありがとうございましたー!って、あーもうどうしようもないんだなーって受け入れるしかなかったことを思い出した。

出典 https://twitter.com

中高生を中心とした若者から圧倒的に支持されていたSPEED。「学校に行ったら泣いてる子がたくさんいた」「男子が騒いでいた」「黒板にスポーツ新聞の記事が貼られていた」「学校にも行きたくない」など、当時は学校絡みの反響が多く集っていました。

記者会見ではそれぞれが「ソロになってやりたいこと」を語り、「ありがとうございました」とファンに対して述べたことで綺麗な幕引き。それが再結成にも繋がったのかもしれませんね。

■東方神起

出典 http://www.amazon.co.jp

2003年結成。2004年1月に韓国で、2005年4月に日本でデビューした韓国のダンス・ボーカルグループ東方神起。

韓国でデビューした当時はまさに「アイドル氷河期」時代。諦めモードだったのにも関わらず、ファンクラブの会員数は10万人超と、1年目からまさかの人気大爆発で、瞬く間にトップグループへと伸し上がりました。

そんな中、突然の日本デビュー。日本では全くの無名のため、ステージのない学園祭などで歌うことから地道に活動を始め、徐々にファンの心を掴んでいきます。

そしてついに、2008年にはNHK紅白歌合戦に出場、2009年7月には目標だった東京ドーム公演を2日連続で開催し、大成功を収めました。

2010年4月3日に活動休止を発表

出典 https://www.amazon.co.jp

感動の東京ドーム公演から数日後。ジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人は突然、所属事務所に対する訴訟を提起します。そして、事務所やメンバーから何の発表もされずにファンは混乱したまま、2010年4月にエイベックスが活動休止を発表。

結果的に事務所を移籍した3人は新たに「JYJ」として活動をし、残された二人は解散せずに、二人で東方神起を守ることを決意。そして、2011年に待望の再始動となりました。

その後の活躍は目覚ましく、海外アーティスト初となる単独での日産スタジアム公演2日間で約85万人を動員、海外アーティストとしては史上最多で最速の200万人を動員など、記録尽くしの圧倒的な人気を誇っています。

ファンの反響は爆発的

出典 https://www.amazon.co.jp

分裂騒動真っ只中の2009年末。音楽番組で半年ぶりに姿を見れたものの、家族のように仲の良かった5人が目も合わさずに2対3に分かれて歌う姿。その様子は韓国や中国、台湾などアジア各国のファンに大きな衝撃を与え、その反響は爆発的でした。

心は一つだったはずの世界中のファンはメンバー同様に真っ二つに分かれ、残る方も出て行く方も「裏切り者」扱い。このファン同士の不仲は7年が経った今でも変わることはありません。

本人や事務所が語らないまま分裂したためにファンの悲しみは怒りに変わり、最悪の状況へと発展してしまいましたが、これを避けるためにも、SMAPには気持ちを語る場を与えて欲しいと強く願います。

■野猿

出典 http://www.amazon.co.jp

フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の人気コーナー『ほんとのうたばん』で、KinKi Kids扮するとんねるずの後ろで踊った番組スタッフを「ジャニーズシニア」と名づけたことが結成のきっかけ。

ボーカルオーディションの際、秋元康氏が「スタッフだけではインパクトに欠ける」と、とんねるずを加入させ、男性13人で1998年4月29日にデビュー。そのシングル『Get down』はオリコンチャート初登場10位、2ndシングル『叫び』は初登場2位を記録し、1999年、2000年には紅白にも出場しました。

2001年5月13日に撤収(解散)

出典 http://www.amazon.co.jp

デビュー以降もオリコンチャートではトップ10圏内を維持し続けましたが、2000年頃から徐々に人気が下降。”本業に専念”や”人事異動”など、とっても現実的な理由で、2001年5月13日に撤収(解散)することとなりました。

ファンの反響。ショックな事件が…

出典 http://www.amazon.co.jp

撤収に向けて、「野猿コンサート『撤収』」を東京、大阪、名古屋で計9日間、開催した野猿。そんな中、ショックなニュースが飛び込んで来ます。

野猿が解散した際に、女子高生2人が飛び降り自殺。野猿解散が直接の原因だったかはハッキリしていないが、2人は「野猿が解散するならどうなってもいい」などと自殺する前に友人に話していたという。

出典 http://npn.co.jp

このニュースは当時大きな話題となりました。1人は「野猿」をテーマに漫画を描くほどの大ファンで、野猿の撤収コンサートを見るために上京中。

「死ぬ理由もないけど生きている理由もない」と書き残したメモからは撤収が原因だとは断定出来ませんが、解散の喪失感が与えた影響力はとても大きかったのではないでしょうか。

■X JAPAN

出典 https://www.amazon.co.jp

1982年、千葉県館山市で当時高校生だったYOSHIKIとToshlを中心に結成されたヴィジュアル系ロックバンド「X JAPAN」。

Toshlのどこまでも伸びるハイトーンのボーカルと、YOSHIKIの肉体の限界まで達するドラムと繊細なピアノ。ハードコアな楽曲から儚いバラードまで、静と動が同居した激しくも美しい音楽性とビジュアルの世界観は、その後のバンドに大きな影響を与えました。

1997年12月31日に活動終了

出典 http://loudwire.com

人気絶頂の1997年、ヒーリング歌手を目指すToshlの脱退を機に「Xの曲を歌うのは他のボーカリストでは考えられない」との理由で9月22日に解散を発表。12月31日に東京ドームでラストライブを行い、終了後に出演した『第48回NHK紅白歌合戦』のステージを以って活動を終了しました。

その後、2000年の再結成を約束して別れ、メンバーはそれぞれソロ活動を展開していきますが、予期せぬ悲劇が襲います。

“解散”と”HIDEの死”という現実…

出典 http://www.amazon.co.jp

1998年5月2日の朝、HIDEが急逝。解散から5ヵ月後のことです。ファンは再び大きな衝撃を受けることとなりました。

「hideが自殺」と報道されていたためにファンの後追い自殺が東京都調布市や千葉市、築地本願寺境内で相次いだ。そのため、翌日には警視庁の要請でX JAPANの元メンバーが記者会見を開き、自殺を思いとどまるように訴えた。

出典 https://ja.wikipedia.org

解散で喪失感に打ちひしがれているところにこの悲報。通夜と告別式には5万人ものファンが詰めかけ、霊柩車を追いかけたり将棋倒しになったり、悲しいことに、ファンの後追い自殺まで相次ぐ状況。そこには絶望しかありませんでした。

その後、解散から10年の時を経て、2007年10月22日に再結成。

再結成コンサートでは、HIDEがいたときと同じ配置で「X JAPANは5人」であることを改めて強調。ステージにはホログラムなどで再現されたHIDEが映しだされ、ファンの中には「やっと一歩前に進むことが出来た」と言う方もいらっしゃいました。

こうして振り返ると、どのグループの分裂解散もファンに与える衝撃は相当で、SMAPでも喪失感から、すでに「SMAPロス」状態になっている方も多いと思います。

強い個性を持ったメンバーが出会って一緒に活動し続けていることの方が奇跡…ということも分かりますし、ソロ活動も全力で応援するでしょう。でも違うんですよねきっと。SMAPは、SMAPなんです。5人で1つ。

解散は、誰もが納得出来る終わり方なんてないと思います。でもファンの喪失感を少しでも埋めるためにも、事務所は最後まで責任を持って、メンバー本人からその思いを語れる場を用意して欲しいと願わずにいられません。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。