Naitter【泣いた】

ジャニーズ事務所『中居正広の残留に向けて』エサをバラ撒きだす

ジャニーズ事務所『中居正広の残留に向けて』エサをバラ撒きだす

ジャニーズ事務所『中居正広の残留に向けて』エサをバラ撒きだす


51cbe09f-s

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1月に独立騒動が表面化して以来、木村拓哉とそれ以外の中居正広ら4人の亀裂が隠し切れなかったSMAPが、いよいよ年内で解散することになった。解散後もメンバー全員はひとまずジャニーズ事務所に残るが、その先はどうなるのかまったく分からない状況だ。そこでジャニーズは独立派の中居の“一本釣り”を狙っているという。

ファンにとっては最悪の結末を迎えてしまったが、メンバー間の関係を考えると、解散は避けられなかった。独立騒動以降は4対1に分かれてしまい、木村が完全に浮いてしまう事態となっていた。

「独立騒動の発端は、SMAPのチーフマネージャー・飯島三智氏が、副社長のメリー喜多川、ジュリー藤島景子親娘に事実上、追い出されたこと。飯島氏に恩義がある中居、香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛は追随しようとしたが木村だけが早々にジャニーズ残留を決め、話がダメになった」と芸能プロ関係者。

この木村の行動は他のメンバーのみならず、ファンからも反感を持って受け止められ、いまや“裏切り者”扱いされている。結果的に解散に至ったのも、4人のメンバーが木村への反発心を抱いたことが大きい。

「いま解散となると、木村が悪者になることは自明の理なので、ジャニーズとしては避けたかった。だけど4人の意思は揺るがなかった。そこで香取が強く解散を主張したことをメディアに明かし、なんとか木村に向かうバッシングを最小限にとどめようとしています」とワイドショー関係者。

ジャニーズはメンバー全員が9月に期限を迎える契約を更新し、解散後もそれぞれソロとして活動を続けていくとしている。ただ再び更新を迎える来年の9月に、木村を除く4人がどのように動くのかはまったく不透明な状況だ。

「このまま4人が辞めてしまったら、将来の幹部候補の木村に傷が付いてしまうためできるならば残ってほしいと考えている。だけど契約更新せずに退社という可能性はかなり高い。そこで今は中居1人だけでも残留させることを至上命題として、交渉を続けています」と芸能関係者。

そもそも中居はピンでも多くの仕事をしており、売り上げ面でもジャニーズに大きく貢献している。そして木村とともに中居も残留となれば、独立騒動で大きく低下したジャニーズ事務所のイメージ面でもプラスだ。

「中居にはジャニーズに所属しながら個人事務所設立を認めるなど、大幅に譲歩した提案をしているそうです」と前出関係者。

解散にあたってもっとも強硬な態度を取った香取、その盟友の草彅そして稲垣の退社はすんなり認めそうなジャニーズだが、中居だけは最後まで引き止め工作を仕掛けそうだ。

a


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。