Naitter【泣いた】

『KNZZvs漢』のフリースタイルバトル映像

『KNZZvs漢』のフリースタイルバトル映像

『KNZZvs漢』のフリースタイルバトル映像


uploaded

 

 

 

 

 

 

 

 

7月29日(金)に行われたKNZZ率いる18PRODUCTION主催のイベント『TOKYO NIGGAZ』で、MSCの漢とリアルBEEFを起こしたKNZZが、なんと突如最新曲『THIS IS BEEF』をYouTubeにて発表!

そしてAbemaTIMESでは、インスタで出回っている話題のビーフが起きる前の超貴重な『KNZZvs漢』のフリースタイルバトルの映像を極秘入手!一体、このビーフはどこまで続くのか!?

8月1日に公開された漢をディスした最新曲『THIS IS BEEF』

出典 YouTube

7月31日(金)にR‐loungeで起きた漢とのBEEF事件の翌日にYouTubeにて突如発表された『THIS IS BEEF』。この楽曲で、痛烈に漢をはじめ、MSCを痛烈にディス…。

KNZZ(ケーエヌジージー)

そもそも漢とのBEEFのことの発端は、KNZZの最新アルバム『Z』に収録されている楽曲『THIS IS DIS!feat 敵刺』から巻き起こった。この楽曲のリリックに漢をディスる「ゴマするバティマンMSC」とKNZZがラップしているのだ。

『KNZZ ‐ THIS IS DIS!feat 敵刺 pro.BUSHMIND(18PRODUCTION INC.)』

出典 YouTube

この楽曲を受けたMSCの漢は、5月17日放送された『9sari STATION』でKNZZにフリースタイルでアンサー。さらに、KNZZのアルバム記念Tシャツに落書きをした写真をインスタにアップしたのだ。

👀 #9sari#shinjuku

A post shared by 漢 a.k.a. GAMI (@kan_9sari) on

これにより、BEEFはさらに加熱し、KNZZサイドは漢の著書『ヒップホップ・ドリーム』に落書きをし返した写真をアップ。

応援してます笑 #ゴマするバティマン

A post shared by KNZZ (@notoriousknzz) on

リアルな男・漢もKNZZの留守電に『おい鼻くそ、電話出ねえってどういうことだよ。くだらねえことインスタに上げてんじゃねえよ。さっさと電話しろ』と応戦。

🖕 #9sari #shinjuku

A post shared by 漢 a.k.a. GAMI (@kan_9sari) on

その後、BEEFの展開は止まっていたが、7月31日(金)R-loungeで行われたKNZZ率いる18PRODUCTION主催のイベント『TOKYO NIGGAZ』で事件が起きた。

KNZZのレーベル主催のイベントに漢がブッキングされてるということで、何か事件が起きるのではないかと、ヘッズの間でも噂になっていたが、それは予想通りの展開だった。

目の前にいる漢を挑発するかのようにKNZZが『THIS IS DIS!feat 敵刺』をパフォーマンスしたのだ。

そして、KNZZのフリースタイル中に漢が乱入…。この先は、AbemaTIMES独占の超貴重な映像で見てくれ!インスタで出回っている動画とは違うぜ!


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。