Naitter【泣いた】

他人の嫉妬は陰湿で怖い!

他人の嫉妬は陰湿で怖い!

他人の嫉妬は陰湿で怖い!


cached

 

 

 

 

 

 

 

 

嫉妬されて嫌な思いをしたことはありますか?

皆さんは、何らかで嫉妬された経験はありますか?身に覚えの無い誹謗中傷なども、実は嫉妬の一つなのです。

先日の都知事選では小池百合子氏が見事当選を果たしましたが、選挙の最中には「厚化粧」という、人柄や政策とはまったく関係のない言葉で揶揄されていたのは、覚えている方も多いと思います。

しかし、人によっては気分を害してしまうそんな言葉にもにこやかに
「本日は薄化粧でまいりました」
といった具合に軽くはねのける大人な対応に筆者は頼もしさを感じたものです。あのパワーこそ、嫉妬などのネガティブな感情に負けない行動であり、お手本なのです。

嫉妬の種類にはいろいろあり、男女関係などが最も多い傾向はありますが、今回はそれ以外の嫉妬について書いてみます。嫉妬は楽しんでしまいましょう。

何故、嫉妬されるのか?

嫉妬の念を向けられる理由の多くは『羨ましい』という感情です。そして、実際には性別や人それぞれの環境によってさまざまな感情があります。

◎自分の欲しい物を持っている
◎人気がある(注目されている)
◎豊かな暮らしをしている
◎美人、またはイケメンである
◎収入がある
◎社会的地位がある
◎ステイタスのある職業である

などなど、嫉妬する人の数だけ嫉妬の種類があると言っても過言ではないと思います。つまり、自分に持っていないものを持っている、注目されている人が羨ましいという場合に嫉妬や妬みの感情を向ける人が多いのです。

嫉妬されない為には?

第一には『自慢をしないこと』ですが、実際には、自慢など一切しない人物でも嫉妬はされます。そればかりか、一見普通の暮らしをしている人にも嫉妬の感情を向ける人がいます。

何故なら、嫉妬深い人の場合は、どんな条件でもあろうと『自慢』と感じてしまう、歪んだ精神の持ち主も多い傾向が見られることに理由があります。つまり、そんな人にとっては何もひけらかさなくても嫉妬の対象になる可能性は高いのです。

《努力という側面を見ていない人が多い》
嫉妬する人には、そのほとんどが表面しか見えていないことがあります。しかし、成功している人や豊かな暮らしをしている人、または注目されている人は、皆それなりに努力や大変な思いがあってこそ手に入れている物も多いのです。

そんな苦労という側面はまったく見ないで、羨ましいと感じてしまう人が多いのも特徴かも知れません。

嫉妬されていると感じたら?

誰かを嫉妬している人は、その人のことが気になってしまうものです。自然と視線を送ってしまうことも増えていきます。勿論、良い意味でお手本にしたい場合や好意を持っている場合も注目してしまいますが、嫉妬の眼差しは気づくとゾッとする程怖い場合が多いのです。

怖い視線を感じる人は、その人に嫉妬されている可能性があります。自分の噂や情報を聞きたがる人や、また身に覚えの無いネガティブな噂をする人は、当然嫉妬しているからです。

出来れば付き合わないようにしましょう特に親しい関係ではなく、同じコミュニティの中の一人という程度なら、それ以上接近はしないことです。会った時に軽く挨拶する程度に留めたり、自分の詳細な情報などは本人は勿論、情報が漏れそうな人にも話さないのが無難です。

完全に離れることが可能であれば、生活圏内に入れずに距離を取っていくと良いですね。嫉妬の感情を向ける人が周囲にいると、覚えのない噂を撒かれたり、思わぬ人間関係のトラブルを引き起こされることにもなりやすく、自分の生活サイクルが壊されてしまうからです。

考え方を切り替える

しかし、嫉妬されるということは、考え方を変えれば自分はその人にとって羨ましい存在でもあるということです。つまり、裏を返せば憧れなのです。

嫉妬というネガティブな感情に変わってしまうことで、中には言動に出す人もいますし、気分の良くないものです。しかし、それだけ羨ましいという感情で注目されているなんて凄いと思いませんか?

また、有名人などの場合は、ファンもいる一方で、中には嫉妬を向ける人も数え切れないほどいることも珍しくありません。気にしてしまったら相当のストレスになってしまいます。

「嫌だな」という感情ではなく「そんなに羨ましいのね」とポジティブに自分の中で気持ちを切り替えてしまうことで、振り回されないようにしましょう。

特に、あなたのライフスタイルやファッションを妬んでいる人がいる場合には、ついつい気になって自粛する人もいるようですが、あえて気にせずいつも通りに生活を楽しむんです。

ライフスタイルに嫉妬する人は、生活水準が違う場合が多いものです。つまり、あなたにには普通のことであり、無理をしているわけではないことでも、相手にとっては憧れていても出来ない生活ということです。

出来ない人を馬鹿にしたり、自慢するのは勿論良くありません。そんな姿勢があれば、それは逆恨みされても当然です。

しかし、あなたに非の無い部分で、自分にとって普通の生活をしているだけなのに嫉妬の感情を向けられたら、そのまま気にせずにむしろ堂々と楽しみましょう。嫉妬しやすい人は自分に自信が無いという一面もあります。あとは気にせず放っておけば、自然と離れていったり、静かになってしまうことは多いのです。

嫉妬の感情が抑えられず苦しんでいる人もいます

しかし、いろいろ調べていると、嫉妬する側でも、実はそんな自分を抑えることが出来ずに苦しんでいる人も多いそうです。

そんな人もいるということを踏まえて、周囲についつい自慢話をしてしまう人は控えるのも大切であり、心配りです。

また、嫉妬の感情を持ちやすく苦しんでいる人にとっては、温かい親切心すら嫉妬になってしまうことがあります。
「ばかにされている」
「見下されている」
という気持ちになってしまうからです。

温かい好意を親切として受け取れない人もいることを覚えておきましょう。かたくなに遠慮することが多い人には、親切を押し付けないのも親切であり、距離を置くのも思いやりである場合もあるんですね。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。