Naitter【泣いた】

話題の銀行カードローン!審査の通るカラクリとは?

話題の銀行カードローン!審査の通るカラクリとは?

話題の銀行カードローン!審査の通るカラクリとは?


card_ban_fb1200-628-06

 

 

 

 

 

テレビで見ない日はない銀行カードローンのCM。イマイチよく分からない人も多いのではないでしょうか?

デートに行くにもお金がない!誕生日プレゼントを買ってあげるお金がない!いろいろとお金が必要な時に大手銀行が個人向けに貸してくれるので魅力的ではありますが、審査が厳しそうな気がしますよね?でも実はそんなことないんです。今日は銀行系カードローンの簡単な説明と、審査に通りやすい方法をご紹介します。

銀行系カードローンって消費者金融?

結論から言うと、銀行系カードローンはアイフルやプロミスに代表される消費者金融とは違います。貸金業法という法律があり、消費者金融の各社はこの法律に則って運営していかなければならないのですが、銀行系カードローンは貸金業法の対象外なため、消費者金融には分類されません。つまり、「銀行カードローンは消費者金融ではない」ということなんです。

銀行カードローンと消費者金融の大きな違い

銀行系カードローンと消費者金融の大きな違いは、年収による貸し出し上限金額の制限がないところです。

貸金業法では、年収の1/3以上の借入はできないと定められています。総量規制という言葉、なんとなく聞いたことありませんか?消費者金融でお金を借りると総量規制の対象となり、年収の1/3以上借りることはできないのですが、銀行系カードローンは貸金業法の対象外ですので、年収の1/3以上の借入ができます。この貸金業法の対象外というのが大きな違いになります。

また、消費者金融で借入していると、クレジットカードの限度額が減ってしまう場合があります。実はクレジットカードのキャッシング枠も貸金業法の対象になっていますので、消費者金融で借入している金額と、クレジットカードで借入している金額の合計が年収の1/3に達してしまった場合は、例え借入できる残高があったとしても、両方とも使えなくなってしまうように、借入情報が共有されています。ただ、銀行カードローンは銀行法に則って運営しているため、その点には影響しないことが多いです。

何で銀行カードローンが増えてきたの?

いままで銀行がお金を貸す場合は企業や事業主など、法人向けに融資をするのが主でした。個人への融資としては住宅ローンや教育ローンなど、使い途がハッキリとしたものに対して融資をしていた場合がほとんどです。消費者金融のように、個人向けに少ない金額を融資するということは手間もかかるので、実施していなかったのがほとんどなんです。また、個人向け融資でも、「担保」がなければ融資ができない場合がほとんどでした。

ですがここ数年で貸金業法が改訂され、年収の1/3以上借り入れることができないという総量規制が適用され、グレーゾーン金利の過払い金請求などで消費者金融各社は経営が圧迫し、大手銀行の傘下(グループ)に入り、経営を立て直す動きが出てきました。テレビCMでも「〇〇銀行系グループ」と謳っているのはそういった事情があります。

消費者金融が銀行の傘下に入ったことにより、今まで銀行が手をつけてこなかった個人向け融資のノウハウを銀行は手に入れることができ、無担保で融資ができる手法が確立できた。これが銀行カードローンが増えてきた一つの理由になります。

また、消費者としてもメリットが大きい点も、銀行カードローンが増えてきている原因となっています。

【消費者視点でのメリットの一例】

・消費者金融よりも利息が断然安い

・年収の1/3以上借りれる

・消費者金融に一括返済することで貸金業法対象の借入額が無くなるため、新たにクレカが作れるようになる

・月々の返済額が消費者金融よりも少なくて済む

これだけメリットがあるからこそ、消費者金融から銀行カードローンに乗り換える方が増えていますし、消費者金融でお金を借りる意味は、もはやないですよね…。そして銀行各社も様々なサービスを展開して、顧客をいち早く集めようと積極的にPRをしているわけですね。

銀行カードローンの審査の裏側

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が安く、借入できる金額も大きいので、とてもメリットがあります。「借り換え」という言葉に代表されるように、複数社の返済で毎月圧迫していた人が銀行系カードローンで借り換えをすることで、月々の返済額が大きく減って助かっているという話もよく聞きます。

ただ一番不安なのが、銀行から借入できるかの「審査」ですよね?

複数の消費者金融や、クレジットカードの枠を使えるだけ使ってしまっている人などは、審査が通るのか不安だと思います。

・・・実は、銀行カードローンの審査にはカラクリがあります。

本来、銀行は「担保」がなければ借入することが難しい、これは今でも変わっていません。ですが銀行カードローンは保証人も不要ですし、金額によっては収入証明書が必要ない。…これっておかしいと思いませんか?借入しようとした人から返済されない可能性もあるわけですし、銀行側にとってはリスクが大きい…。つまり、誰かしらにちゃんと保証をしてもらう必要があるんです。

銀行系カードローンには、実は保証会社というものが存在し、その保証会社が審査をして、OKが出れば借入ができるというのがカラクリなんです。

つまり、銀行カードローンを借りれるか、借りれないかを判断するのは銀行ではなく、「保証会社」ということなんです。

これ、審査に通す上ではすごく重要なポイントですよ!

審査に通すための方法

銀行系カードローンで借入したい、という人は、そのカードローンの保証会社がどこなのか、そこを見極める必要があります。

代表的な大手銀行カードローンの保証会社の例

・東京三菱UFJ銀行カードローン  …アコム



  ・三井住友銀行カードローン  …プロミス



・みずほ銀行カードローン   …オリコ



つまり、大手銀行の保証会社は消費者金融もしくはクレジットの信販会社ということになります。これを踏まえると、アコムやプロミス、オリコで現在借入があったり、過去に何かしらの事故があった場合はこれらの銀行の審査は通りにくくなると言えます。

これらを踏まえ、審査に通りやすい銀行カードローン

保証会社も自社で完結しており、過去に自分があまり取引したことがない銀行での借入が、一番審査に通りやすいと言えます。 金利も安く、口座も作る必要がなく、審査も融資も即日でしてくれて多くの方から審査に通ったと評判なのが、「オリックス銀行カードローン」です。

オリックス銀行カードローンの保証会社は「オリックス・クレジット」もしくは「新生フィナンシャル」です。さらに原則300万円までは所得証明書などが要らないため、申込みから審査までの手続きもカンタンです。

もし、いま銀行カードローンを考えているようでしたら、オリックス銀行カードローンの審査を試してみるのがオススメですよ。



※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。