Naitter【泣いた】

寝ながらスマホ習慣で一時的に失明する

寝ながらスマホ習慣で一時的に失明する

寝ながらスマホ習慣で一時的に失明する


cached

 

 

 

 

毎晩、右目の視力が

イギリス在住の22歳の女性は、片目が失明すると思ったそうです。

最初は、1週間に2,3回のペースで夜になると右目に視力障害が生じて始めました。しかしその後、毎晩、その症状が起きるようになったのです。右目が認識できるのは、物体の輪郭のみだったのです。それが6、7か月も続いていたのです。

しかし、昼間に病院に行っても、右目の視力は戻っています。

そこで医師は彼女の脳を検査しましたが、異常は発見されませんでした。

他の女性も片目だけ毎朝視力障害が

同じ時期に40歳の女性も同じような症状を訴えていました。

彼女の場合は、毎朝起床後に15分間だけ片目の視力が失われるようになったのです。この女性の症状は6か月続いていました。

脳卒中の可能性?

片目だけに障害が出る場合、軽い脳卒中を起こしている可能性が疑われます。そこで、2人目の女性には、アスピリンが処方されたのです。

最初の女性の場合も、その可能性が疑われため、脳の検査が行われたのです。

2人の共通点は‘寝ながらスマホ‘の習慣

この2人の女性のケースを更なる調査をしたところ、問題はもっとシンプルだったということが判明しました。

2人の女性には、共通点があったのです。それは就寝前のスマホ使用でした。

“transient smartphone ‘blindness.’ “(一過性のスマホ‘盲目‘)

医師たちは、彼女たちが”transient smartphone ‘blindness.’ “(一過性のスマホ‘盲目‘)にかかっているとの見解を出したのです。

暗闇の中でベッドに横になり片目だけでスマホを見ることで

彼女たちは、暗闇の中でベッドに横になって片目だけでスマホを見る習慣がありました。

その結果、最初の1人目の女性は、夜、スマホを見た後に症状が現れ、2人目の女性は、夜スマホを見て起床した朝に症状が現れていたことが判ったのです。

実験

そのことを踏まえて、2人の研究者が自らその状態を体験する実験をしてみたのです。

視力は周囲の明るさに合わせて適応しています。たとえば、明るい場所から暗い場所に移動すると、眼は弱い光の中でも視覚を確保するために感度を上げる‘暗順応‘という調節を行います。また、暗いところから明るいところに移動すると、はじめはまぶしいですが眼が感度を落していくため、しばらくすると視野が開けてくる‘明順応‘の調節を行います。これらの眼の調節が先の女性2人の症状の鍵を握っているのではないかと考えられ、実験を開始したのです。

片目は‘暗順応‘、もう一方は`明順応‘していた

実験では、暗い部屋のベッドで横になりスマホを使っていると、枕がスマホからの光をさえぎり片眼だけが‘暗順応‘した状態に、もう片方の眼はスマホの光で‘明順応‘している状態になっていました。

その状態で暗い部屋でスマホの明かりを消すと、スマホの画面で明順応していた片眼は感度が落ちているので一時的に何も見えなくなりました。

”寝ながらスマホ”の体制

1人目の女性の障害は常に右眼に、2人目の女性は左右どちらの眼にも一時的な‘失明‘状態が起こっていました。

それは寝ながらスマホを使う時の体勢が違ったからだったのです。

1人目はベッドで横になって常に顔の左を下にしてスマホを使っていました。つまり左眼が枕で‘暗順応‘し、右眼がスマホの光で‘明順応‘する状態が作り出されていたのです。

2人目はどちらか一方向のみを下にする癖がなかったので、左右どちらの眼にも一時的な‘失明‘状態が起こっていたのでした。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。