Naitter【泣いた】

「壮絶ないじめ」を乗り越え芸能界で光り輝く美女タレント達!

「壮絶ないじめ」を乗り越え芸能界で光り輝く美女タレント達!

「壮絶ないじめ」を乗り越え芸能界で光り輝く美女タレント達!


日本における自殺は主要な死因の一つであり、10万人あたりの自殺率は20.9人であり、OECD平均の12.4人と比べて未だに大きい値である(2014年)。自殺率のピークは1990年代であったが、その後2000年から2011年の間に6.3%減少した。しかし未だOECD平均に比べ数値が高いので明らかに要注意であるとOECDは勧告している。

出典 https://ja.wikipedia.org

そんな「壮絶ないじめ」に遭いながらも自らの力で克服し、芸能界で光り輝く女性美女タレント達をご紹介します。

指原莉乃

cached

指原 莉乃(さしはら りの)は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーである。また、尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。AKB48の元メンバー。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。シングル選抜総選挙で、歴代最多の3回センター(得票数1位)を獲得している。

出典 https://ja.wikipedia.org

いわずもなが、AKB48でキャリアを積み、現在はHKT48に在籍しアイドル業だけでなく司会、お笑い?タレントとしても大活躍の指原さん!選抜総選挙では、得票数1位を3回獲得するなどアイドル界のトップをひた走る”スーパーアイドル”です。そんな指原さんも中学時代にいじめに遭っていたというから驚きです。

TV番組で自らいじめ体験を告白

フジテレビ系で放送されたトークバラエティ番組「僕らが考える夜」に出演していた指原さん。番組内では“いじめ”をテーマにし、壮絶ないじめ体験を自ら告白していました。

中学生時代、全身にアイドル写真を貼りまくった”ド派手衣装”でアイドルイベントに頻繁に参加していたハロプロ・アイドルオタクであった指原さん!そのド派手衣装が同級生の目にとまったことで陰口を叩かれるようになったとか・・・

いじめは日々加速し、最終的には自宅郵便受けに「もう学校に来るな」などと書かれた用紙を入れられる事態に発展したようです。いじめにより不登校になった指原さんは、やがて自宅に”引きこもる”ようになったようです。そんな芸能界で大活躍している指原さんが、引きこもりを脱したきっかけとは?

オーディション

こうして不登校になり自宅に引きこもった指原だったが、やがてアイドル好きが高じて受けたオーディションに見事合格することで、引きこもりを脱することができたというから、見事としかいいようがない。

出典 http://taishu.jp

引きこもり生活を脱するきっかけが、なんと「オーデション」!好きなものを仕事に出来る人は数少ない訳で見事合格したという実績、指原さんの行動力は素晴らしいですね。今後の更なる活躍に期待しましょう。

西内まりや

出典 http://www.cinematoday.jp

西内 まりや(にしうち まりや )は、日本のファッションモデル、女優、タレント、歌手(シンガーソングライター)である。

出典 https://ja.wikipedia.org

ローティーン向けのファッション誌にてキャリアをスタートさせた西内さん!モデル業だけに止まらず、女優、歌手としてもキャリアを積み確実にスターへの階段を昇りつつあるタレントさんです。そんな西内さんも高校生時代にいじめに遭っていたのです。

西内さんは、高校生の頃にイジメを経験。同級生から「なんであんたがモデルやってんの」などと罵声を浴びせられていたのです。それだけでなく、無視、私物隠しにはじまり、自分がモデルを務めた”掲載誌”を破かれたりしたこともあったとのことです。”女子のいじめ”は、えげつないですね。

当時は毎日泣きじゃくっていたという西内さんですが、いじめを克服したきっかけは・・

母からの言葉

母親から「自分で悪いことをしていないと思うなら立ち続けなさい。学校にも行きなさい」と支えられることで、なんとか乗り越えられたようだ。

出典 http://taishu.jp

お母さんからの”心に迫る強い言葉”によって支えられ、危機を脱した西内さんの勇気に感服します。強く素晴らしい感性をお持ちのお母さんですね。今後の西内さんの活躍に期待しましょう。

安倍なつみ

出典 http://www.billboard-japan.com

安倍 なつみ(あべ なつみ )は、日本の歌手、女優、タレント、アイドルである。所属事務所はアップフロントクリエイト。元ハロー!プロジェクトの一員で、元モーニング娘のメンバー(初期メンバー)。

出典 https://ja.wikipedia.org

テレビ東京のオーデション番組にて、課題曲を5万枚完売出来ればメジャーデビューという条件のもと「モーニング娘」を結成し課題曲を見事、完売!!その後、皆さんもご存知の通り、アイドル界の頂点に上り詰めました。そんな安倍さんも中学生時代にいじめに遭っていたのです。

安倍さんは、友達と思っていた同級生たちからいきなり「見ているだけで腹が立つから、お前は明日から学校に来るな」と言われ、そこからいじめが徐々にひどくなり、自殺を考えるようになったようです。そんな安倍さんが、地獄の底から這い上がるきっかけとなったものとは・・・

JUDY AND MARY

出典 http://www.amazon.co.jp

学校でたびたびイジメに遭うようになった安倍は自殺も考えたが、ラジオから流れてきたJUDY AND MARYの『小さな頃から』という曲を聴いて、自分が一人ではないことを実感したという。それ以降は学校にも堂々と通えるようになり、同時にこの曲が歌手を志すきっかけにもなったと語っている。

出典 http://taishu.jp

思い悩んでいた時期にラジオから流れてきたJUDY AND MARYの「小さな頃から」という曲を聴き、孤独や疎外感といった感情が払拭されたようです。この「小さな頃から」は、安倍さんが歌手生活の原点と言える曲だと安倍さん自身が語っています。

ざわちん

出典 http://ameblo.jp

ざわちんは、日本の女性タレント、ものまねタレント。歌手活動での名義「Zawachin」(ザワチン)。元AKB48の板野友美のそっくりタレント。また、後述するように、メイクをアレンジして様々な有名人の顔真似をしてブログで公開している。アメーバブログ新登場第1位を記録し、公式ブログの1日のアクセス数は100万超を計上している。

出典 https://ja.wikipedia.org

板野友美さんのそっくりメイクで一躍脚光を浴び、最近では平愛梨さんのそっくりメイク更なる注目を浴びているざわちんさん。メイクだけでなく歌手活動も行っており、マルチな活躍を魅せてくれています。そんなざわちんさんも小学生時代にいじめに遭っていたのです。

ざわちんさんは日本人の父とフィリピン人の母の血を継ぐハーフです。幼少期をフィリピンで過ごし、6歳から日本の小学校に通い始めると、肌が日に焼けていることで「ガングロ」、「ヤマンバ」と呼ばれるようになり、壮絶ないじめに遭いってしまう。日本語が不慣であったことも更なる追い打ちをかけることになり、いじめの被害状況を担任教師にうまく説明することができなかったようです。

しかし、そこでへこたれることなくざわちんさんがおもったこととは・・・

将来の自分・夢・誓い

出典 http://mao.sub.jp

「小学校3年生の頃から芸能界が夢だったんですよ。いじめの件もあって、いつかみんなを見返してやろうかなって思いもあって、芸能界を目指しました」(ざわちん)。

出典 http://www.excite.co.jp

もっとも、その悔しい体験から「いつか芸能界に入って見返してやろう」と心に誓い、それを実現させたのだから、気丈夫と言わざるをえない。

出典 http://taishu.jp

いじめという悔しい体験から身についたメイク技術が、芸能界入りのきっかけになったということはざわちんさんにとって幸福といえるのか?どちらにしても有限実行、自分のおもいを見事に実現させたのだから、すばらしいとしか言いようがありませんね。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。