Naitter【泣いた】

賛否あるタレント議員の残した意外な実績

賛否あるタレント議員の残した意外な実績

賛否あるタレント議員の残した意外な実績


uploaded

ネットの情報を元に、ニュースをフカボる「フカボリNEWS」のコーナー。みんなが知りたい話題のニュースにもう一歩踏み込んだ記事をお届けしていきます!

自民党から公認を得て立候補したSPEEDの今井絵理子さんが、比例区で初当選。開票後わずか9分でのスピード当確という強さを見せました。当確が出てすぐに出演したテレビ東京の選挙特番「池上彰の参院選ライブ(池上選挙)」のインタビューでは、池上彰さんからの質問に答え「沖縄米軍問題についてはこれから勉強します」と回答し、この答えもまた大きな話題を呼びました。

沖縄といえば、最大の関心事であろう基地問題について言及していなかったのにもかかわらず、今井さんが結果を出したのには、自身が障害を持つ子供の母親であり、シングルマザーでもある彼女が打ち出す「障害を持つ子供たちが希望を持てる社会作り」というものが、大きく評価されたという事があるでしょう。そして何よりも、その知名度の高さが大きな要因と考えられます。

タレント議員の知名度の高さが各党の勝利の鍵になる

参院選が行われると話題になるのが「タレント議員」と呼ばれる人達です。女優、歌手、スポーツ選手、コメンテーターなど、TVなどで活躍する知名度の高い人達を指してこう呼びますが、なぜ各党は積極的に「タレント議員」の擁立を続けてくるのでしょうか。

その大きな理由は、参院選が採用する『比例代表制(非拘束名簿式)』という選挙方式です。この方式では政党ごとの得票と、その政党に属する立候補者への得票の合計を基に、各党の各政党の当選者の人数が決められるのです。そしてその議席に対して、候補者の得票数で当選者が決められていきます。

つまり知名度が高い候補者がいれば、属している政党への投票数が上がり、その政党の議席数が増えるというわけです。

実績を残しているタレント議員は数多い

今回の今井絵理子さんや、東京都知事選へ出馬表明したものの今回は見送った俳優の石田純一さんなど、タレント議員と呼ばれる人達が出馬表明する度に賛否両論が沸き起こります。「結局は客寄せパンダでしかない」という厳しい意見も多く聞かれますが、実際、当選はしたものの何の実績も残さなかった人もいるというのが実情です。

また、235万票という大阪新記録の投票数で当選したお笑い芸人の横山ノック前大阪知事が、大阪府知事選期間中にアルバイト運動員の女子大生にわいせつ行為をしたとして「強制わいせつ罪」で起訴され、知事を辞任するなど残念な結果を残している人もいる為、余計に世間の目が厳しくなっているというのもあるでしょう。

しかしその一方で、大きな実績を残しているタレント議員も数多くいます。

東国原英夫元宮城県知事

出典 https://twitter.com

近年のタレント議員の実績と聞いて、この人の名前を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。「どげんかせんといかん」というキャッチフレーズで、宮崎県への注目度を飛躍的に高め、大きな経済効果をもたらしました。

元たけし軍団のメンバー(そのまんま東)で2度の逮捕歴という政治家としてはかなり異色の経歴で、立候補時にはかなりのバッシングを受けていましたが、知事就任後の支持率は93.7%と驚異的な数字をあげました。

橋下徹元大阪市長

出典 https://twitter.com

日本テレビ系「行列のできる法律相談所」で活躍し「タレント弁護士」「茶髪の風雲児」と呼ばれていた橋下さん。大阪府知事就任当時は「政治の素人に何ができる」と言われていましたが、就任一年目には82.3%という高支持率をたたき出しました。

「大阪府は破産会社。民間なら給料カットは当たり前」と言い放ち赤字だった大阪府の財政を黒字に回復、公立高校の無償化など、数々の実績を残しました。また2011年には第19代(公選制では9代目)大阪市長に就任。「大阪都構想」の住民投票で反対694,844票、反対705,585票とわずか10741票差ながら敗れ、惜しまれながらも政界を引退しました。

森田健作千葉県知事

出典 http://mori-ken.jp

日本テレビ「おれは男だ!」の主役で一世を風靡した森田さん。歌手としても「さらば涙と言おう」など数多くのヒット曲がある大スターでした。

1992年に東京選挙区で参議院議員に初当選、沖縄開発政務次官、文部政務次官、衆議院議員当選、文部科学委員会理事などの経歴を経て、2009年に千葉県知事に就任しました。アクアライン800円化(2,320円からの大幅な値下げ)などにより、地域の活性化に力を注いでいます。2013年には2期目に立候補、2度目の当選を果たしました。

石原慎太郎元東京都知事

出典 http://www.sensenfukoku.net

弟は俳優の石原裕次郎さん。まだ一橋大生だった頃に書いた『太陽の季節』が芥川賞を受賞し、この作品の映画化で悠次郎さんは映画デビューを果たしました。後に裕次郎さんを題材にして書いた「弟」ではミリオンセラーを記録します。

参議院議員、環境庁長官、運輸大臣を経て、199年に東京都知事に就任。第14代〜17代まで務め、2012年に次期衆議院選挙に出馬するため東京都知事を辞職しました。

ちなみに第13代東京都知事の青島幸男さんも、放送作家・タレントとして活躍中の時期の立候補・当選でした。

小池百合子衆議院議員

出典 https://www.yuriko.or.jp

現在、東京都知事戦に立候補を表明している小池さんも、タレント議員の一人。日本テレビ『ルックルックこんにちは』のコーナー「竹村健一の世相講談」のアシスタントを経て、1988年にテレビ東京のニュース番組「ワールド・ビジネスサテライト」のキャスターに抜擢され活躍していました。

環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務め、自民党で初めて女性で党三役入りも果たしました。2003年の環境大臣時代には、当時の小泉純一郎首相の働きかけで「クールビズ」を提案、定着させました。

丸川珠代環境相

出典 http://www.t-marukawa.jp

元テレビ朝日アナウンサーである丸川さん。「ビートたけしのTVタックル」では、決して笑わない女子アナとして登場し、たけしさんとの絶妙なやりとりを披露していました。

2007年に安倍晋三首相の要請で出馬し、初当選、2009年には自民党の党女性局長に。2012年には厚生労働大臣政務官に就任、2014年には参議院厚生労働委員会委員長を務めました。2015年に発足した第3次安倍改造内閣では、環境大臣及び原子力防災担当大臣として初入閣を果たしました。

馳浩文部科学相

出典 https://www.facebook.com

1984年にロサンゼルスオリンピック・レスリング代表を経て、プロレスラーとなった馳さん。自由民主党幹事長の森喜朗さんの要請で1995年に参議院選に出馬して当選。政界入りした後も、2足のわらじでプロレスラーと政治家を両立させていました。2006年にプロレスラーを引退し、政治家一本での活動となりました。

議院運営委員会理事、文部科学大臣政務官、文部科学副大臣、自民党国会対策副委員長、自民党副幹事長、自民党国会対策副委員長を経て、2015年10月に第20代文部科学相に就任しました。また2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議 顧問でもあります。

蓮舫参議院議員

出典 https://www.facebook.com

1988年、青山学院大学在学中にクラリオンガールに選ばれ、タレント・女優として活躍。グラビアを中心に、バラエティやドラマで活躍、1993年にテレビ朝日の報道番組「ステーションEYE」のキャスターに抜擢されました。

蓮舫さんといえば「一番じゃなきゃダメでしょうか?」が流行語にもなった事業仕分けですが、内閣府特命担当大臣、公務員改革担当大臣、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員会委員長、民主党行政改革調査会会長代行、公共事業再検討本部・本部長を歴任しています。

2010年に東京都知事選出馬の噂がありましたが本人がきっぱりと否定。今回の都知事選出馬の噂も、現段階では否定しています。

三原じゅん子参議院議員

出典 https://www.facebook.com

『3年B組金八先生』のツッパリ・山田麗子役でブレイクした三原さん。歌手としても活躍「NHK紅白歌合戦」への出場も果たしました。

女優として活躍していた三原さんが立候補したきっかけは、自身が子宮頸癌を患い子宮を摘出した経験から医療や介護問題、がん撲滅等の啓発活動に興味を持った事がきっかけ。多くのタレント議員が党からのオファーを受けて立候補する中、三原さんは自ら名乗り出ての出馬でした。

「二足のわらじを履けるほど国会議員の仕事を甘く考えていない」と政界に入ると同時に女優を引退。自民党女性局長、自民党オートバイ議員連盟事務局長を務め、2016年1月に参議院厚生労働委員長に就任しました。

海外にも多いタレント議員たち

アーノルド・シュワルツェネッガー Arnold Schwarzenegger Photographed by Ryota Nakanishi
by A ONE-MAN ARMY RETURNS TO NO-MANS’ LAND

タレント議員は、日本だけではありません。元米国大統領のロナルド・レーガン氏も、俳優出身ですし、記憶に新しいところでは「ターミネーターシリーズ」で人気のアーノルド・シュワルツェネッガー氏が、カルフォルニア知事を2期務めています。

また、俳優としても映画監督としても素晴らしい功績を残しているクリント・イーストウッド氏もカリフォルニア州のカーメル市の市長を務めました。

当選後の活動に期待

タレント出身であろうが、そうでなかろうが、政治家としての適性が有無には何も関係がありません。賛否両論出るタレント議員という存在ではありますが、色眼鏡で見ず、これからのそれぞれの活動に期待してゆきたいと思うと共に、その一票を投票した国民を裏切る事のない様にと願います。

出典 https://twitter.com


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。