Naitter【泣いた】

テイラー・スウィフトが元カレたちを想って書いた噂の失恋ソングとは…?!

テイラー・スウィフトが元カレたちを想って書いた噂の失恋ソングとは…?!

テイラー・スウィフトが元カレたちを想って書いた噂の失恋ソングとは…?!


世界中で愛される歌姫、テイラー・スウィフト。 そんな彼女は自身の体験を元にラブソングを書く事で有名ですね。 今回は、そんなラブソングの中から元カレたちを思って書いたのではないかと話題の失恋ソングたちをご紹介いたします。

cached

 

出典 https://www.instagram.com

■ テイラー・スウィフトとは…?

1989年12月13日生まれ、26歳。グラミー賞を7度受賞、また、グラミー賞史上グラミー賞で最も栄誉のある「年間最優秀アルバム賞」を最年少で受賞。過去の作品の総売上枚数は4,000万枚以上、そして楽曲ダウンロード数は1.3億を超えている。

2015年2月、『1989』は世界中で700万枚のセールスを記録している。米誌『Time』は「最も影響のある世界の100人」の一人にテイラーの名前を挙げ、また、「2014年のパーソン・オブ・ザ・イヤー」の8名の中にも選出されている。

出典 http://www.universal-music.co.jp

日本来日公演を行った際には、ボーダーやレトロなワンピースを着て、赤リップをつけた”テイラー女子”が会場に集結するほど、日本でも大人気です!

■ テイラーといえば自分の実体験を歌にする事で有名! 元カレを思って書いたと話題の失恋ソングとは…?!

2010年『Back to December』

出典 YouTube

映画「バレンタインデー」でテイラーと共演した若手俳優、テイラー・ロートナーへ向けて書いたと言われている曲。

この曲の中には「あの夜のことを謝っているの」という歌詞があり、元恋人への謝罪ソングとなっています。

2010年『Mine』

出典 YouTube

テイラー・スウィフト、3枚目のアルバム『Speak Now』に収録されている大ヒット曲。

こちらの曲は2013年に亡くなったカナダ出身の俳優、コーリー・モンテースを思い書いた曲と言われています。

「あなたは今まで出会った誰よりも素敵な人」 というフレーズが歌の中で何度も繰り返されています。

2012年『We Are Never Ever Getting Back Together』

出典 YouTube

テラスハウスのオープニングテーマとしても有名ですね。

テイラーが結婚を考えていたと相手とも言われている9歳年上のジェイク・ギレンホールに向けて書かれたと言われており、邦題は「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」復縁を求めてくる元恋人に対し、あなたとはヨリを戻す事は絶対にない!と強く歌った曲。

2012年『I Knew You Were Trouble』

出典 YouTube

こちらの曲はワン・ダイレクションのハリーを思って書いたと言われています。

タイトルの和訳は「あなたとはうまくいかないってわかってた」 「トラブルばかりでうんざり」で、付き会うべきではなかったという後悔が伝わってくる歌詞となっています。

【「I Knew You Were Trouble」はこちらから。】

■ 世界中の女性たちからテイラーが支持されているのは、実体験に基づく歌詞が女性の心に響くから…?

出典 https://www.instagram.com


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。