Naitter【泣いた】

壁をすり抜ける「火の玉」の謎がついに解明!

壁をすり抜ける「火の玉」の謎がついに解明!

壁をすり抜ける「火の玉」の謎がついに解明!


uploaded

 

 

 

 

 

 

謎の「空中発光物体」の正体が明らかになった!今までにも、さまざまな理論が合理的な説明を試みてきたが、今回の発見により「UFO」解明に向けて大きく前進したとみられている。

UFOの形状は、さまざまあるが、「火の玉」型の目撃は特に多いことで有名だ。日本においても、類似の現象が「人魂」として昔より知られているが、長年の謎に終止符が打たれそうだと、6月24日付の英紙「Mirror」が報じている。

出典 http://www.mirror.co.uk

■光速のマイクロ波が生み出す「プラズマバブル」

これまで科学者の間で研究されてきた火の玉には、いくつかの特徴(嵐の最中に発生、空間移動、壁のすり抜け、不快な臭い)があり、余りにも非常識な存在に多くの科学者が頭を抱えてきた。

人類が未だ到達していない未知の超科学技術によるものや、UFOの可能性を主張する人々も現れたほどだ。

これまでにも多くの科学者が、「火の玉」を科学的に説明しようと試みてきたが、中国人科学者H・C・ウー氏は、「火の玉にまつわる多くの特徴の解明に成功した」と自信たっぷりだ。火の玉の正体は一体何だったのか?

出典 https://www.youtube.com

ウー氏によると、稲妻によって、光速に近いスピードで加速された電子が、高密度のマイクロ波を放出し、その放射エネルギーが「球体のプラズマバブル」となって現れるという。

火の玉は、嵐の真只中や、雷をともなう天候時に集中的に目撃されていることから、今回のウー博士の主張も一貫しているといえるだろう。

■プラズマの壁のすり抜けは実験でも確認

さらに、火の玉の持つもっとも奇妙な特徴である「壁のすり抜け」に関しても、ウー博士は、あり得ることだと主張する。その証拠に、ウー博士らが作成した人工ファイヤーボールは、3ミリメートルのセラミック板を通過したそうである。

板の厚さが、マイクロ波の波長より十分に薄ければ、再現可能な実験であるという。

出典 https://www.youtube.com

火の玉発生に伴う不快臭についても、ウー博士の説明はシンプルだ。

イオン化された空気は、オゾンと二酸化窒素を発生させるため、独特の酸性臭を発するとのことだ。

■UFOはやっぱりプラズマ兵器?

出典 https://en.wikipedia.org

博士は他にも、形状、音、スパーク、人体への危険性など、火の玉にまつわる多くの特徴を解明し、その正体がプラズマであることを暴いてしまった。

やはり、UFOは、ただの自然現象だったのか…?

ちょっと待って欲しい。UFOの動力源は、そもそもプラズマでは無かっただろうか?それに、UFOプラズマ兵器説は、様々な憶測が飛び交っているが、いまだ否定されていない。

UFOの定番、アダムスキー型UFOでは、3点交差法により機体底部にプラズマを発生させていると言われているが、いまだこの説は否定されていない。

つまり、一部の火の玉の正体がプラズマだとしても、UFOの存在を完全に否定することはできないということだ。

UFO映像の中には単なるプラズマと、本物のUFOが混在しているとトカナでは考えているが、あなたはどう思われるだろうか?


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。