Naitter【泣いた】

島田、放送禁止の怪談トーク「裏拍手」を披露

島田、放送禁止の怪談トーク「裏拍手」を披露

島田、放送禁止の怪談トーク「裏拍手」を披露


uploaded

21日、『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)で、「手相芸人」の島田秀平(38)が地上波では言えないという怪談を披露した。

その怪談のタイトルは「裏拍手」。過去に前半は地上波で披露したことはあるというが、その後半部分も含めて披露した。以下、島田による怪談だ。

「拍手」は神聖な行為であり、神社などで行うもので、その場の空気を浄化する。悪い気を払うという行為である。気持ち悪いなぁ、とか怖いなぁ、とかいう時に悪い気を祓えるかもしれない。

ただし、絶対に何があってもやってはいけないのが、裏返しにして拍手をする「裏拍手」。これは死者がやるものなのです。生きている人がやると、相手を呪う行為となる。

後輩芸人から聞いた話をします。

僕のとある後輩芸人が仲間と彼女を連れて3ヶ所の心霊スポットに行くことになりました。

彼女はこうした心霊スポットとかは苦手で「やめようよ」というも他の人々は盛り上がって結局1つ目のトンネルに行きました。

彼女は「うわぁ、気持ち悪いな」と脂汗をかいています。「次はもっと怖いぞ!」ということで、廃墟で、もっとやばい場所へ。

ここでは「怖い怖い」となりました。でも、彼は面白がって、「もっとすごいところ行こう」となりました。そこから変な雲行きになっていったのです。

今までおびえていた彼女が、「えぇ!ここ何の場所。すごい、面白い!」と途端に前のめりになり、楽しんでいたのです。

不審に思ったものの、「色々回ったところで楽しんでいるのかな」と考え、「次の場所すごいぞー!」と彼が言ったところで、彼女はさらにおかしくなります。

彼女の声とは明らかに違う声で「楽しみー!」と言い、「裏拍手」をしだしたのです。知らない間に死者に体を乗っ取られていたのです。

ここまでは地上波で話せていました。ここからは地上波で話せていない話です。

誰もが知ってる女性アーティストがいて、ライブDVDを発売しました。バラードのパートになると、観客は皆うっとりしていますよね。

そんな中、男性が、女性アーティストに向かって裏拍手をしているシーンが映像には映りこみました。

他にも、音楽番組でアイドルが歌っているなか、観客席を映したところ、ヲタ芸をしている人たちの裏拍手をしている人が映ったりもしました。

ここで考えられるのは、亡くなった方が現れたのか、「お前のことを呪ってやる」という意思を示したということです。これからイベントがある時は気を付けてくださいね。

出典 YouTube