Naitter【泣いた】

宇多田ヒカル「Automatic」の歌詞は、注釈を付けなければ通じない

宇多田ヒカル「Automatic」の歌詞は、注釈を付けなければ通じない

宇多田ヒカル「Automatic」の歌詞は、注釈を付けなければ通じない


典 http://girlschannel.net

出典 YouTube

こちらは公式の動画。

宇多田ヒカルさんのデビュー曲「Automatic」。我々アラサー世代にとっては伝説の曲ですね。累計出荷枚数は255万枚を越えるなど、当時は本当に話題になりました。

そんな同曲の歌い出し直後の歌詞。その内容が大きな話題になっているんです。きっかけとなったのは「くろみや」さんによるあるツイート。

「7回目のベル※1で受話器※2を取った君 名前を言わなくても声ですぐ分かってくれる※3」

出典 https://twitter.com

「7回目のベルで受話器を取った君 名前を言わなくてもすぐ声でわかってくれる」

おそらく我々世代は、このフレーズを見るだけでメロディが頭に浮かぶことでしょう。しかし、この短い歌詞で3回も注釈が…

■この文章に次いで各注釈の説明が

※1 7回目の”ベル”

出典 http://dorama-eiga64.blog.so-net.ne.jp

※1 昔の着信音や呼び出し音のこと。この場合は呼び出し音。

出典 https://twitter.com

確かに今はもう「着信音」としか言いませんので、ベルなんて言葉は使いませんね。

※2 ”受話器を取った”君

※2 昔の電話についていた、通話時に本体から取り外し耳に当てる部分。

出典 https://twitter.com

もう固定電話が家にあるケースが減ってきました。社会に出れば、多くの会社に受話器付きの電話が当たり前に置いてありますが、若いうちは分からないかもしれませんね。そもそも、携帯電話の普及で公衆電話も減り、その使い方がわからないという方も多くなってきたと聞きますし…

※3 ”名前を言わなくても声ですぐ分かってくれる”

出典 http://www.yama-kk.com

※3 昔の電話は着信時に相手は表示されなかった。

出典 https://twitter.com

正直、※1と※2はまだまだ通じるケースが多いと思うんですが、もしかするとこれが一番ハッとさせる事かも知れません。

そうですよね、今の電話は固定も携帯も、当たり前に相手の電話番号(登録されていたら名前)が表示されますからね。この技術が取り入れられた当時は”ナンバーディスプレイ”という真新しいフレーズをよく聞きましたが、今はもうそんなの普通です…。