Naitter【泣いた】

インターハイ予選「残り0.9秒」で起きた奇跡に感動

インターハイ予選「残り0.9秒」で起きた奇跡に感動

インターハイ予選「残り0.9秒」で起きた奇跡に感動


まるでドラマのような、劇的な試合展開のバスケットボール動画が話題になっています。

6月5日、山口県の女子バスケットボール・インターハイ予選がおこなわれました。
インターハイ出場を懸けた決勝戦でそれは起こります。

▼徳山商工(白)vs誠英(紺)

出典 https://twitter.com

白色のユニフォームが徳山商工、紺色のユニフォームが誠英。
63対63の同点で誠英(紺)に2本のフリースローが与えられました。

残りの試合時間はなんと0.9秒
会場には緊迫した空気が流れています。

▼1本目のフリースローを決め63対64

出典 https://twitter.com

残り0.9秒でのフリースローでまず1本を決め、1点勝ち越した誠英(紺)。
歓声が起こります。

▼リバウンドに入らず自陣に戻る誠英(紺)

出典 https://twitter.com

勝ちを確信したのか、誠英(紺)選手は2本目のフリースローのリバウンドに入らず自陣(画像右側)に戻ります。

▼2本目も決めて63対65

出典 https://twitter.com

誠英(紺)の選手は2本目のフリースローも落ち着いて決め、差を2点に広げます。
コートの左奥では誠英(紺)のベンチが歓喜に沸いている様子。

▼0.9秒を諦めない徳山商工(白)の選手

出典 https://twitter.com

バスケットボールはサッカーと違い、試合が止まった時には毎回タイマーを止めます。

そしてコート内の選手が外からパスを受け取った瞬間にまたタイマーが始動するというルール。

つまり徳山商工(白)はコート内でパスを受けてからから0.9秒だけプレーをすることができる展開です。

▼ボールは徳山商工(白)9番の選手へ

出典 https://twitter.com

コートの外から9番の選手にパスが通ります。
パスを受けた瞬間に動き出すタイマー。

▼徳山商工(白)9番が迷わずに超ロングシュート

出典 https://twitter.com

徳山商工(白)9番の選手が、ハーフライン付近からロングシュートを放ちます!

▼入った!!!

出典 https://twitter.com

この超ロングスリーポイントが決まり徳山商工(白)に3点追加!
試合をひっくり返して66対65、徳山商工(白)の大逆転勝利となりました!!

ちなみにバスケットボールでは終了ブザーが鳴っても、その前に打った(ブザーが鳴った時には手を離れていた)シュートは得点としてみなされます。

これをブザービートと呼び、逆転勝利のブザービートはバスケットボール経験者なら誰もが夢見るスーパープレイです。

▼動画

https://twitter.com/hi_kon_nikolu/status/739291075735523328