Naitter【泣いた】

謎に満ちあふれる聖徳太子。数々の偉業は本当?実際に実在したのか?

謎に満ちあふれる聖徳太子。数々の偉業は本当?実際に実在したのか?

謎に満ちあふれる聖徳太子。数々の偉業は本当?実際に実在したのか?


出典 http://cultural-experience.blogspot.jp

かつて、日本紙幣の顔だった聖徳太子、今、本当に実在していたのか?!数々の功績は本当に聖徳太子が成し得たのか?実際のところはどうだったのか?と話題になっています。

一度に10人の話を聞き分け、憲法十七条を定め、冠位十二階の制、遣隋使などの功績があります。現在、教科書では「聖徳太子」ではなく厩戸皇子(うまやどのおうじ)と変更されました。輝かしい偉業の数々、紙幣になるくらい有名な聖徳太子、本当に存在したのか?!最新の研究によると本当の聖徳太子はわたし達が思い描いた人物とはちょっと違うようです。

出典 http://blog.oisiso.com

わたし達がよく口にする「聖徳太子」これは彼の偉業を称えた人々が贈った呼び名であり実は本名ではありません。聖徳太子の本名は「厩戸皇子(うまやどのおうじ)」。現在の歴史の教科書にも聖徳太子ではなく厩戸皇子(うまやどのおうじ)と掲載されています。

聖徳太子(厩戸皇子・うまやどのおうじ)

聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) -推古天皇30年2月22日(622年4月8日))は、飛鳥時代の皇族、政治家。厩戸王または厩戸皇子の後世の呼称。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。

推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなど大陸の進んだ文化や制度をとりいれて、冠位十二階や十七条憲法を定めるなど天皇を中心とした中央集権国家体制の確立を図った他、仏教を取り入れ神道とともに厚く信仰し興隆につとめた。

出典 https://ja.wikipedia.org

聖徳太子厩戸皇子(うまやどのおうじ)という人物は実在します。しかし、なぜ、今になって聖徳太子が実在したのかと議論されているわけは、彼の輝かしい功績が冷静に考えてみておかしいのではないか?と言われているのです。

この人物画も聖徳太子ではない?!

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

聖徳太子の人物画としてよく目にするこちらの写真。これも実は実際の聖徳太子ではないと言われています。

この人物が頭にかぶっている冠も、着ている服も、持っている笏も、大化の改新以降の律令国家が成立してからの物で、聖徳太子の時代にはなかった物なのです。ついでにあごひげも後付けと言われています。これもはや定説だとか!皆さん知ってましたか?

出典 https://ja.wikipedia.org

聖徳太子の残した功績、憲法十七条を定め、冠位十二階の制、遣隋使の他にも法隆寺・四天王寺の建立など仏教興隆もあります。このような素晴らしい功績、果たして1人で成し得ることができたのでしょうか?更に一度に10人の話を聞き分ける話も有名。この神業を使って成し得たのでしょうか?

聖徳太子は人物像も明快、ネット上でも数々の研究者により膨大なデータが残されていますが、同一人物とされる厩戸皇子(うまやどのおうじ)となると、実はそれほど検証もデータも残されていません。憲法十七条や冠位十二階に携わった証拠として隋書に記載され確実視されているのですが、他の功績となるとさっぱり名前が出てこないのです。先にも述べましたが「聖徳太子」という呼び名は後世に贈られた呼び名。なので、厩戸皇子(うまやどのおうじ)としての功績を称えられたと考えておかしくないと思うのですが実際のところその功績自体も疑問視されているのです。

そして、厩戸皇子が死去して50年後、皇位継承権争い(壬申の乱)が起きます。この戦いの勝者、天武天皇により、数々の偉業をもった聖徳太子が作り上げられたのではないかと言われています。天武天皇がなぜ、厩戸皇子に注目したのかは謎ですが、聖徳太子という人物を作り上げなければならない理由があったのです。

作り上げられた聖徳太子?!

日本書紀で作り上げられたものだと仮定すると、やはり責任者として編集に携わっていた藤原不比等の名前があがるでしょう。不比等は日本書紀を編集する際に、自分の都合のいいように書き加える必要があったと思われます。大化の改新を正しいものだと見せるために組まれた創作なのではないのでしょうか。中大兄皇子と藤原鎌足の手柄をよく見せるためには、この二人によって滅ぼされた蘇我氏を悪者にしなければいけません。そのためには、入鹿によって滅ぼされた山背大兄王や、その父でもある厩戸皇子を聖徳太子として作り上げて善人にしなければいけなかったのです。

出典 http://www.shoto9taishi.com

なぜ、自分達に都合の良いように書き加えなければならなかったのか?天武天皇は厩戸皇子(うまやどのおうじ)が生きていた時代に同時進行でおこった事柄を誇大評価させ、たった一人の聖徳太子が成し得た功績と偽装し、ライバルである有力豪族に、代々続く自らの血筋がいかに優秀性と日本国の統治者としてふさわしいか正統性を見せつける必要があったと考えられているのです。

出典 http://blog.livedoor.jp

こちらの写真は光明寺にある聖徳太子の童子姿。彼の肖像画はいろんな姿が描かれていますね。本当の聖徳太子の姿は?歴史に残るスーパーマンのような数々の偉業、聖徳太子が本当に成し得たのか?謎とロマンスに満ちあふれた聖徳太子。

少なくとも彼が天皇の摂政として中枢に存在したのは確かですが、歴史は研究され常に進化していきます。これからの研究により彼、本来の姿が浮き彫りにってくるのではないでしょうか。研究者達により解き明かされる”本当の聖徳太子”とは一体どんな人物なのか?時を超え私達の前に姿を現すことを楽しみにしています。