Naitter【泣いた】

ドラマ「ゆとりですがなにか」のリアルな苦悩に共感。

ドラマ「ゆとりですがなにか」のリアルな苦悩に共感。

ドラマ「ゆとりですがなにか」のリアルな苦悩に共感。


脚本家の宮藤官九郎さんが、45歳にして初めて社会派ドラマに挑戦した連続ドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)。

岡田将生さんを主演に、松坂桃李さん、柳楽優弥さん演じる「ゆとり第一世代」のアラサー男子3人が、仕事や家族、恋や友情に奮闘しながら、世の中の理不尽に立ち向かう姿を描いています。

このドラマも残すところあと3話となりましたが、登場人物たちのリアルな苦悩はあらゆる世代の共感を集め、話題となっています。

■ドラマ「ゆとりですがなにか」

 

 

出典 http://www.ntv.co.jp

「飲み会?それって強制参加っすか?」
「忙しくてメールチェックしてないんスよね、次からLINEでお願いしまーす」
「道分かんなくて駅からタクっちゃいました」
「うちら、ゆとりなんで」

野心がない、競争意識がない、協調性がない。
ゆとり世代…社会は彼らをそう名付けた。

出典 http://www.ntv.co.jp

2002年に行われた教育改正により、ゆとり教育を受けてきた「ゆとり世代」にスポットをあてたドラマ「ゆとりですがなにか」。1987年生まれで、”ゆとり第一世代”と社会に括られるアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、競争社会の中で迷い、あがきながらも懸命に立ち向かう姿を描いています。

■大きく2つに分かれる「ゆとり世代」

1.1987~1989年生まれの「ゆとり第一世代」

出典 http://www.photo-ac.com

主に1987~1989年生まれ(27~29歳)の「ゆとり第一世代」。

授業がない土日は塾通い、大学3年時のリーマンショックで就職氷河期を体験し、やっと入った会社はブラック企業。そして入社1年目には東日本大震災を経験と、全くゆとりのない厳しい現実を見てきた世代。

出典 https://twitter.com

このドラマは、そんなゆとり第一世代のアラサー男子3人を中心に物語が進みます。

坂間正和(岡田将生)…入社7年目の一般的なサラリーマン。
山路一豊(松坂桃李)…モンスターペアレンツに苦しむ小学校教師。で、童貞。
道上まりぶ(柳楽優弥)…「おっぱいいかがですかー?」と風俗店の呼び込みをしながら東大を目指して11浪中。妻子持ち。

ゆとり第一世代としては他に、正和の彼女で出世街道まっしぐらの宮下茜(安藤サクラ)も登場。

2.平成生まれの「真性ゆとり世代」

出典 http://free-photos.gatag.net

主に1989~1996年の平成生まれ(20~27歳)の「真性ゆとり世代」。

小学校1年生からどっぷりゆとり教育を受けてきた世代で、欲が無い、恋愛に興味が無い、休日は自宅で過ごす、気の合わない人とは付き合わない、大きな夢が無いなど、合理性とコスパ重視が特徴。

出典 http://www.ntv.co.jp

恐るべし「真性ゆとり世代」がドラマにも登場します。

山岸ひろむ(太賀)…正和の会社の後輩で、超マイペース&超合理的主義。
坂間ゆとり(島崎遥香)…正和の妹で就活中、意識高い系の大学生。
佐倉悦子(吉岡里帆)…山路のクラスの教育実習生。

ドラマではこの3人がゆとり第一世代と絡み、大いに個性を発揮しています。特にゆとりモンスター山岸は大活躍。

■脚本は宮藤官九郎。絶妙なバランスが秀逸!

出典 http://rollingstonejapan.com

脚本はクドカンこと、宮藤官九郎さん。

セリフ回しやテンポ感はまさにクドカンワールド全開なのですが、ゆとり世代が社会に出て厳しい現実と向き合う、苦しい”今”を描いているだけあって、社会派の色がとても濃く、重い。

でもやっぱりそこはクドカンさん。テーマの「重さ」と笑いの「軽さ」とウルっとする「涙」のバランスが絶妙で秀逸なのです。

そして作中で登場人物らが発するセリフは、ゆとり世代にとってもそうでない世代にとっても心に響く言葉が多く、そちらも話題となっています。

■共感を集める名言の数々

「ゆとり感じたこと、一度もねえよ!」

出典「ゆとりですがなにか」第1話より

正和と山路が、“ゆとり”と揶揄されながら、上の世代と下の世代の板挟みになっている悩みをお互いに打ち明けて意気投合するシーンで「お前らは文科省が生んだ欠陥製品だ」と言われた過去などを語りながらの発言。これには「ゆとりなんて感じた事ない、むしろ切羽詰ってる」と同調する声が多数見受けられました。

「叱られた経験のない人間が、部下を叱れるわけがない」

出典「ゆとりですがなにか」第1話より

部下のゆとりモンスター山岸の態度に疑問を覚えながらも、自分が叱られた経験がないがために、叱り方が分からない。そんな正和が山路に嘆いた一言。

「みんなクズだけど、それぞれ違うクズなんです。だからゆとりなんて言葉でくくらないでください」

出典「ゆとりですがなにか」第2話より

第2話での正和の言葉。国が決めた教育制度をたまたま受けさせられただけなのです。「ゆとり」と括らずに個人としての尊重を…。

「関係者がいなくて、関係ない連中が泣いてるだけの葬式見てたら、死にたくねぇなって思った」

出典「ゆとりですがなにか」第2話より

正和の彼女である宮下茜が、高校時代にいじめが原因で亡くなった子のお葬式に、いじめた当事者たちは来ていなかった現実を思い出しながらの言葉。正和は「関係ないのに泣いている側の人間」だという意味で発しました。

出典 https://youtu.be

「すげーな、すげーな。入れそうな大学入って、入れそうな会社入って、辞めずに続いてんだよ、すごくね?…ごめんな、いやマジで感心してんだよ。だってさ、ゲームで言ったらレベルアップしねえで何回も何回も同じこと繰り返してるわけじゃん?余裕でクリアできるステージを。無理だわ〜。ないわ〜その才能。」

出典「ゆとりですがなにか」第2話より

東大目指して11浪中の道上まりぶが、正和が大学と会社に入った理由が「入れそうなところ」だったために出た言葉。本当は「入りたい大学」「入りたい会社」に入るのが理想だけど、恐らくこういった方が大半を占めるのではないでしょうか。心に刺さりますね。

「お前が気に入る会社なんてどこにもねぇし、お前を気に入る会社もどこにもねぇからな。」

出典「ゆとりですがなにか」第2話より

インターン先の会社の愚痴を言っていた妹のゆとりに正和が言った言葉。社会に出る事、給料をもらう事、自分の望みばかり言っている場合じゃないし、全て希望通り行く訳じゃないという社会人の先輩としての助言。

出典 https://youtu.be

「部下のミスを補填して、7年勤めてようやく会社に貢献できたかなと思ったらパワハラだってよ!はぁ!?イメージしてねぇよ、こんな社会人生活。でもやるよ、兄ちゃんは。得意先回って、頭下げて、焼き鳥焼いて、年上のバイトにこき使われて、部下に笑われて。意地でも辞めねぇよ!今辞めても何にも得るもんねえから。元とるまで辞めねぇよ。だから、おまえも辞めんな。元取るまで辞めんな

出典「ゆとりですがなにか」第2話より

正和がゆとりへエールをおくりました。こう思いながら働いている方も多いのではないでしょうか。この言葉には「なんか元気をもらった」と言う方が続出でした。

出典 https://youtu.be

「なんか、就活するために、大学入ったみてぇだな。」

出典「ゆとりですがなにか」第4話より

まりぶがゆとりに大学に関する質問をしますが、その返答が全て「就活してたから」だったために出た言葉。まさしく、グサーッ!!です。

「本当の友達って、友達ってもっと気を使うよね。土日に連絡したら面倒臭がられるんじゃないか?とか、誘われたら断る理由考えるの面倒だな!とかで、結局お互いFacebookで近況だけ知ってるけど実は何年も会ってないみたいな。友達じゃないから、言いたいこと言っただけー!

出典「ゆとりですがなにか」第3話より

まりぶが山路へ。気を使って誘うのをためらった挙句、結局はFacebookでしか繋がっていないけど本当の友達…。俺らは週3で会ってるし、言いたいこと言ってるから、友達じゃない。と、友達の定義について考えさせられる一言です。

「座るのは、案内されてから。注文は、聞かれてから。世の中てめぇ中心で動いてんじゃねぇんだよ!ここはこの人の店だ。この人の間合いってもんがあんだよ。」

出典「ゆとりですがなにか」第4話より

居酒屋の店員らに横柄な態度をしたゆとりモンスター山岸に、まりぶが言い放ったセリフ。山岸は蹴られて椅子から落ち、呆然とします。このシーンは「スカッとした」とSNSでも大盛り上がりでした。

「やれば出来る子なんていない、迷信よ。あんたたちはね、やらなきゃ出来ない子なの。」

出典「ゆとりですがなにか」第7話

自殺してしまった子供の母親から山岸への言葉。最初に出来るキャラを作ったがために粋がってしまい甘える事ができなくなったという山岸。「なんで普通に出来ないんですかね…。粋がってるか、落ち込んでるか、どっちかだもんな。」と、山岸の本音が分かったシーンでした。

ゆとり教育についての授業には賞賛の声が多数

山路先生が子ども達に「先生はゆとり第一世代と呼ばれてる」と、ゆとり教育についての授業を行いました。ゆとり教育の結果、学力の低下が社会問題になったという話で…

「社会に出たら、使えない、覇気がない、ガッツがない、言われたことしかやらない、ライバル意識がない、危機感がない、緊張感がない、予期せぬアクシデントに対応できない。

…全部言いがかりです。国が勝手に土日休みにして、教科書薄くして、それでテストの成績が下がったからってポンコツ扱いしているんです、僕たちを。

ゆとり世代にも長所はあるんです。他人の足をひっぱらない、周囲に惑わされずベストを尽くす、個性を尊重する。

出典「ゆとりですがなにか」第6話

ゆとりにも長所があると優しく語る山路先生。SNSなどでも「しっくりきた」「感動した」「ど真ん中つかれた」との意見が多数見受けられました。

「みんなと一緒に勉強して、みんなと一緒に社会に出るために必要な、特別な措置です。大悟が電卓を使っていい時代がそのうち来ると思う。それが本当の平等。本当の”ゆとり教育”だと先生は思います。」

出典「ゆとりですがなにか」第6話より

学習障害のために算数が苦手な転校生・大悟くんが、どうすれば出来るようになるのかと子供たちに問いかける山路先生。「電卓を使う」というアイデアが出ますが、結局大悟くんは1人別室で授業を受ける事になってしまいます。その時のセリフですが、個別学習の必要性をきちんと説明した山路先生に素晴らしいと賞賛の声。