Naitter【泣いた】

電車事故で片手を失った男性。苦しむ彼を救ったのはゲーム会社のコナミ

電車事故で片手を失った男性。苦しむ彼を救ったのはゲーム会社のコナミ

電車事故で片手を失った男性。苦しむ彼を救ったのはゲーム会社のコナミ


 

 

 

記事提供:カラパイア

左腕と左足を失うほどの大事故を経験した当時22歳のバイオ関連の研究者でありゲームが大好きだったジェームズ・ヤングさんは、ゲーム会社、コナミが開発した義手で、ある意味サイボーグ化を果たしたという。

この義手はスマホ充電機、ライト、さらにはドローンまで内蔵した多機能アームなのだ。

出典 YouTube

4年前、ジェームズ・ヤングさんの人生は電車の下敷きになるという悲惨な事故によって一変した。肺が潰れ、頭蓋骨や顔、肋骨を骨折し、脊椎も損傷した。さらに左足は膝から下が切断され、左腕もひどい損傷を負った。

当時、22歳のバイオ関連の研究者だったヤングさんは友達とイギリス、ロンドン東部を走るドックランズ・ライト・レイルウェイに乗ろうとしていた。そして駅に到着した電車のドアを開けようと、まだ完全に止まっていない電車のドアボタンに手を伸ばした。

このせいでバランスを崩して、車両と車両の隙間に落ちてしまった。一緒にいた友人が振り返ると、ヤングさんは消えていた。

彼は後から監視カメラの映像で事故の詳細を知ったという。電車が止まった後、友人は助けを呼んで、2人の男性と一緒にヤングさんを探し始めた。

ひどい怪我を負ったヤングさんを発見した見ず知らずの男性が電車の下にもぐり、意識を失わないように話しかけてくれた。

救急ヘリで王立ロンドン病院に搬送され、3人の家族も駆けつけた。脳を守るためにヤングさんは12日間昏睡状態にされている。緊急手術では線路のホコリやオイルまみれの死んだ組織の切除が試みられたが、結局は左腕を切断せざるをえなくなった。

さらに顔と体を再建するために、12回もの手術が必要になった。

3ヶ月半の入院生活を経てようやく退院した彼の左腕と左足には義手と義足があった。それはヤングさんに言わせれば、醜いピンク色をした目立つ代物だったという。

さらに重要だったのは、義手は手の代わりにフックが装着されたもので、機能的にも不便だったということだ。片腕と片足がないよりはマシだったが、その不便さのせいで新たな問題に直面することになった。

障害のおかげで幻肢痛に悩まされ、強い痛み止めの副作用で常に疲労感が付きまとうようになる。このためフルタイムで仕事に復帰することは難しそうだった。まさにお先真っ暗だった。

そんなヤングさんの人生に再び転機が訪れたのは1年前のことだ。

テレビゲーム、特にメタルギアソリッドが大好きだったヤングさんは、ゲーム会社のコナミが実験的な義手をテストするために四肢を失った患者を募集していることを知り、それに応募したのだ。

こうして彼はバイオニックアームを装着する半サイボーグとなった。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。