Naitter【泣いた】

誤って口座に5億円が振り込まれていた美人女子大生。1年で4億円豪遊し逮捕

誤って口座に5億円が振り込まれていた美人女子大生。1年で4億円豪遊し逮捕

誤って口座に5億円が振り込まれていた美人女子大生。1年で4億円豪遊し逮捕


このほど、呆れたニュースがオーストラリアから飛び込んで来ました。マレーシア出身のクリスティーン・リー(21歳)は、今から4年も前にWestpack(ウエストパック)銀行から誤って4.6億ドル(約5億円)を送金されました。

気付いたクリスティーンは、銀行に黙って毎日5千ドル(約54万円)を引き出しては別の口座に移していき、1年間でなんと330万ドル(約3億7千万円)も使ってしまったのです。

大金を受け取ってからは、デザイナーブランドの洋服やバッグを購入し、シドニーのハーバーブリッジが見下ろせる一ケ月の家賃がなんと3,120ドル(約33万円)の高級マンションに引っ越したクリスティーン。自分のお金ではないのにここまで使える度胸に恐れ入ります。

21歳という若さで、海外暮らしを豪遊できるのには何かしら理由があると普通は考えるものですが、下手に追及して問題をわざわざ起こすまでもないとでも思っていたのでしょうか。付き合っていた恋人は、彼女の犯罪に全く気付いていなかったと裁判で証言しています。

先日、空港で逮捕

逮捕のきっかけとなったのは学生ビザに違反が見られたからだそうですが、2012年以降警察も失われた大金の行方を調査していました。

恋人が保釈金を支払うために書類を集めようとしましたが、名前が一致しないというハプニングもあり、更にはクリスティーンに警察からお金のことで度々連絡があったにも関わらず、無視してマレーシアに帰国しようとしたことで空港で罪が発覚となったそうです。

クリスティーンは、ブランドのバッグが好きだったようで裁判では大量のバッグが部屋にあったことも明らかになっているとか。ひょっとしてオークションなどで売っていたのかも知れません。

娘が真面目にシドニーで勉強していると思っている両親の下へ、裁判後は強制送還させられる羽目になるであろうクリスティーン。シドニーの大学では化学工業を専攻し、行きつけの美容院でも「大人しそうな感じの子だったし、贅沢している感じは全く見せなかった」という印象を抱かせるほどだったそう。

大金は人を狂わせる⁉

自分の口座を見て大金が振り込まれていると知った時、クリスティーンの心の中に一瞬の躊躇はあったことでしょう。欲に目がくらんだとはまさにこのこと。「銀行が間違って自分のところに振り込んだのだから私の責任ではない。黙っていればわからないかも」という気持ちに負けてしまったのではないでしょうか。

直接犯罪に手を染めたわけでもないのに目の前に大金を目にした時、人は犯罪に目が眩んでしまうものなのでしょう。クリスティーンにほんの少しでも良心があったなら、自分で言い訳をするように何億という大金を使っていたのではないでしょうか。

でもその身勝手な正当化は、法律では認められないもの。出所のわからないお金を使うことは犯罪なのです。今回、別件で空港で逮捕されなければきっと一生知られずに済んだかもと思っているかも知れませんが、やはり悪事はいつかはバレる時がくるのでしょう。

今回のことで銀行側もこうしたミスは許されざることだと教訓になったに違いありません。この件でネットでは「銀行側が悪い」「外国でこれだけ豪遊できて、さぞ彼女の夢が実現できて満足だっただろう」「銀行はこんな風に誰かのお金を勝手に毎日動かしているということがよくわかるよね」といった皮肉の声が寄せられています。

1年の間に4億もの大金を使ってしまえる度胸はただただスゴイと呆れる筆者。クリスティーンは現在、保釈金を支払い釈放されていますが裁判はまだまだ続くのだそう。まだ21歳。今後は気持ちを入れ替えて罪を償い、本当の意味で彼女の「夢」を実現させてほしいですね。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。