Naitter【泣いた】

「可愛い孫を抱かしてくれ」亡くなった父の願いに応え、釈由美子が涙

「可愛い孫を抱かしてくれ」亡くなった父の願いに応え、釈由美子が涙

「可愛い孫を抱かしてくれ」亡くなった父の願いに応え、釈由美子が涙


昨年1月に肺腺がんによって父を亡くした女優の釈由美子

昨年1月10日に肺腺がんにより父親を亡くした女優の釈由美子さん。

同年10月には、大切な人を失い、悲しみに暮れる釈さんを支えてくれた一般男性と結婚し、今年1月には37歳にして第一子の妊娠を発表。

3月13日は結婚式と披露宴を行ったことを自身のブログを通じ報告しています。

今年3月13日には結婚式を行った釈由美子さん

釈由美子オフィシャルブログ

♡結婚式♡

3月13日(日)

私たち夫婦の結婚式、披露宴を無事に終えることができました

赤ちゃんも、式の最中大興奮して、ずんどこずんどこお腹を蹴ってました

一緒にバージンロードを歩けて幸せだったね。

お腹の赤ちゃんも大興奮だったという結婚式。

ブログには「一生の思い出に残る幸せな式と披露宴になりました」とその感想を綴った釈さん。

しかし、そんな釈さんが心残りだったのはバージンロードを父と一緒に歩くことが出来なかったことだったといいます。

釈由美子オフィシャルブログ

バージンロード

花嫁にとって、一番の憧れはやっぱりバージンロードを父親と歩くシーンじゃないでしょうか

私も小さい頃から、その光景を夢見て期待を膨らませていました

ドラマや映画で何度も結婚式のシーンを撮影しましたが自分の本番だけは、やっぱり特別なものだと信じてきました

姉や妹の結婚式のときに父とバージンロードを歩く姿に号泣しました

姉妹でさえ、こんなに感動するんだから私のときはどうなっちゃうんだろう…

想像しただけで、胸がいっぱいになりました

でも、、

私の婚期が遅れたばっかりにその夢を叶えることができませんでした

自分の婚期が遅れたために父と一緒に歩くことが出来なかったバージンロード。そのことについて、自身のブログでは後悔の念を綴っていたこともある釈さん。

しかし、4月30日、釈さんは「父の意志」の題でブログを更新し、亡くなった父についての想いを綴っています。

ブログでは父からの手紙を公開し想いを綴った

釈由美子オフィシャルブログ

父の遺志

昨年の1月に、父を肺がんで亡くし遺品整理をしていたときに父が私に宛てた手紙が出てきました

そして、極めつけは。。手紙の最後の一文です

自身のブログで父からの手紙を公開した釈さん。その手紙の最後にはこんな一文が書かれていたといいます。

多少バカでも健康で元気な由美子でいて欲しい。

早く結婚して可愛い孫(男の子)をお父さんに抱かしてくれ 楽しみにしています。

出典 http://ameblo.jp

釈家が4姉妹だったため、孫にはどうしても男の子が欲しかったという釈さんのお父さん。

今回更新されたブログで、釈さんはお腹の中の子が”男の子”であったことを明かし、亡くなった父の意志を実現できたことに喜びを綴っています。

釈由美子オフィシャルブログ

父の遺志

はい。まんまと、お腹の子は男の子でした笑

もー お父さんの仕業でしょう?笑

私的には男の子でも女の子でもどちらでも嬉しいことに変わりはなかったのですが

「男の子ですよ。」と聞いてまず真っ先に父の顔が浮かんで、涙が止まりませんでした。。(iДi)

亡くなった父が切望していた男の子の孫。

お腹の子が”男の子”だということを知らされ、涙が止まらなかったという釈さん。

その喜びを綴った今回のブログには読者からも応援のコメントが続々と寄せられているようです。

釈ちゃん、お父様の願いどおりにお腹の赤ちゃん、男の子でよかったですね!!
男の子って本当かわいいですよ♪

出典 http://ameblo.jp

釈さん、男の子の赤ちゃん、おめでとうございます(^-^)/
お父様の願い、叶いましたね(^-^)

出典 http://ameblo.jp

想いが実って良かった…。お生まれになったら夢の中でお父様がその子を抱かれるのではないのでしょうか…?

出典 http://ameblo.jp

釈由美子オフィシャルブログ

バージンロード

実は、式の当日。
主人が私に内緒で父の遺影を持ってきてくれてました

私も母もおめでたい席だからと遠慮していましたが
「お父さんももちろん一緒だよ。」
と、その遺影をそっと渡してくれました

抱かせてあげることが出来なかったのは心残りかもしれませんが、父が生前に願っていた通り”男の子”を授かることになった釈さん。

現在は妊娠8ヶ月、きっと亡くなったお父さんも天国で喜んでいるに違いありませんね。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。