Naitter【泣いた】

実は脳が指令を出していた?キスする時に目を閉じてしまう理由がついに解明

実は脳が指令を出していた?キスする時に目を閉じてしまう理由がついに解明

実は脳が指令を出していた?キスする時に目を閉じてしまう理由がついに解明


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

唐突だが、あなたはキスする時に目を閉じているだろうか?目をカッと見開いたまま誰かと唇を合わせるという人は、恐らく少数派だろう。

それに映画や写真などで、カップルが目をひん剥いたままキスするシーンがあったとしたら、何となく違和感がありそうだ。

では、なぜ私たちはキスの時に目を閉じるのか?恥ずかしいから?それとも心のどこかで恐がっているから?実は、本当のところはよくわかっていなかったという。

このような疑問を感じても、大抵の人は「当たり前」「そういうものだ」と受け入れてしまいがちだ。しかし、それはなぜなのか、理由を探求することに人生をかける「科学者」と呼ばれる人々がいる。

そして今回、とうとう科学者が“キスするときに目を閉じてしまう理由”を解き明かすことに成功したようだ。

■秘密は脳にあった!?

今月21日付の英紙「インデペンデント」によると、話題の研究結果を学術誌「Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance」上で発表したのは、

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学)の認知心理学者、ポリー・ダルトン博士とサンドラ・マーフィー博士。

キスするときに目を閉じてしまう理由について、博士らが導き出した結論を簡単にいえば、なんと「単純に私たちの脳が目を開けさせようとしない」から。これは一体どういうことなのか、実験の詳細について解説しよう。

■キスする時、視覚よりも触覚を重視していた

まず博士らは、人間がキスする時の視覚と触覚の関係に注目した。そこで被験者に複雑な視覚情報を処理させるために「文字探し」テストを課すとともに、触覚への反応も測定するため、片方の手には小さな振動装置を取りつけたという。

すると、被験者たちは実に興味深い反応を見せる。視覚に集中している時ほど、触覚に対する反応が鈍くなったのだ。

これはつまり、脳の灰白質(ニューロンの細胞体が集まる領域)が、目から得た情報の処理に集中すればするほど、同時に触覚に集中することが難しくなることを示している。

そう、キスする時に無意識のうちに目を閉じてしまう(視覚情報を遮断する)のは、私たちが視覚よりも触覚で相手を感じようとするためだったのだ。

博士らによると、キスだけでなくセックスや(好きな相手との)ダンスなど、触覚からも相手を感じ取るべき快感のなかにある時、人間は潜在的に触覚に集中しようとする(手の動きにエネルギーを割く)傾向にあるのだという。

「視覚情報を遮断することによって、私たちの精神は、体験における視覚以外の側面にフォーカスできるようになるのです」(ダルトン博士)

■さらなる応用に、期待が広がる

さて、一度もカップルにキスさせることなく導き出された今回の結論だが、マーフィー博士は、この研究結果がさらなる広がりを見せていると語る。

博士は、視覚で処理しなければならない情報が多ければ多いほど、聴覚への集中が減少することは以前から判明していたとしたうえで、次のように明かした。

「私たちの研究は、これをさらに触覚にまで押し広げたものなのです。しかもこれは、より効果の高い警報システムの開発にも大いに役立ちます」

視覚ではなく触覚を用いた警報システムは、すでに一部の自動車や航空機などで実用化され、その有効性も実証されているという。

「キスの時に目を閉じる理由なんて、知ったところで一体何の役に立つのか…?」と思いきや、そこから、社会にとって実に役立つ研究結果が得られたというわけだ。科学者たちの絶妙な“目のつけどころ”に感心することしきりである。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。