Naitter【泣いた】

ゲス川谷について語る松本人志ら出演者たちを一言で黙らせた女子高生が凄い

ゲス川谷について語る松本人志ら出演者たちを一言で黙らせた女子高生が凄い

ゲス川谷について語る松本人志ら出演者たちを一言で黙らせた女子高生が凄い


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

松本人志さんがコメンテーターを務める情報バラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系) 。

出典 https://twitter.com

3月20日に放送された同番組の中では、ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音さんとベッキーさんの不倫騒動を取り上げ、川谷さんのマスコミや世間への対応について、松本さんやヒロミさんらが様々な意見を繰り広げました。

◆まずはヒロミさん

出典 https://twitter.com

「映像を見ていると、メンバーなのか、笑っちゃってたりするじゃない?周りがああやって茶化してんのか何なのか、見てる方は気分が悪い。

出典”ワイドナショー”より

ライブ終了後の移動の際に、メンバーやスタッフが笑いながらマスコミを茶化している様子が不愉快だったとおっしゃるヒロミさん。ゲス極の音楽が好きでCDなども買われていたそうで、余計に残念なご様子でした。そして、

「身内だったら守りたいのは分かるから、俺もベッキー守ってやろう、バラエティどうにかしてやった方がいいんじゃないのか?と思ったりする。出してやってもいいんじゃないの?とか。俺はCD買ってたけど我慢してもう買わない。いい曲だけど

出典”ワイドナショー”より

もうCDは買わないそうです。

◆続いて厚切りジェイソンさん…

出典 https://twitter.com

(川谷さんが)こんなに活躍してるのはフェアじゃない。今までより売り上げてる。謝罪会見はしなくていい、日本人は謝罪会見をさせたがるけどそれじゃ何も解決しない。問題があるのなら2人の話し合いで解決しないと気が済まない

出典”ワイドナショー”より

確かに謝罪会見をしますけど、”解決”する訳ではないですね。でも世間に対して、”今後も活動してたいので許してください”という意味では有効なのでしょう。解決はしませんが、”けじめ”のような…?

◆そして松本さんの意見は…

出典 https://twitter.com

「自分の事で言うとね、僕を支持してくれる人がどれぐらいいるのか分からないけど、多分そんなにいっぱいいないんです、関心がない人の方がいっぱいいて、むしろ嫌いという人の方がいっぱいいて、僕が問題を起こしたらそういう人たちが叩くんですよ。

それでそういう人たちの為に謝るのはバカバカしい。どっちみちそういう人たちはファンにならない。支持してくれている人たちを裏切らない為に、申し訳ございませんでした…と謝っても逆に幻滅されるんじゃないか。ファンの人たちの支持というか、キャラは貫きたい。

(川谷さんのやってることは)正しいかどうかは分からないけど、彼の今のやり方は…ファンは減ってないんでしょう?だからある意味我々がどうこう言う問題じゃない、ある意味正しいのかもしれないね。

出典”ワイドナショー”より

謝罪会見をやるよりも、その人のキャラクターに合った対応をするのが正解なんじゃないかとおっしゃる松本さん。

「俺が多分不倫しようが何しようが、誰も何も思わないでしょ?でしょう?誰も何も思わない、”松本、幻滅”にならないんですよ。それよりも僕が平謝りに謝る方が幻滅される。キャラクターを貫くってことなんじゃないかなと。

出典”ワイドナショー”より

確かに平謝りする姿を見たら逆に幻滅するかもしれません。あ、まっちゃんって普通なんだ…と。

◆コーナーの最後に、”川谷さんとベッキーさんの不倫報道に対してどういう印象?”と聞かれた最年少女流棋士のワイドナ現役高校生・竹俣紅さん

出典 https://twitter.com

「学校ではもうみんな飽きてます。」

出典”ワイドナショー”より

出典 https://twitter.com

これには一同爆笑。二人の事はもう全然話に出ず、”両成敗”や”ロマンス”など曲の事についてしかもう話題になっていないそうです。

「これが世の声なんですかね…」と驚く山崎アナでしたが、それがテレビ業界と世間の差なのでしょう。ワイドショーが騒ぐほど、世間は興味がありません。そして川谷さんはやはりアーティストですから音楽で掴んだファンの心は離れないものなのでしょう。

とにかくこの女子高生の説得力のある言葉のおかげでゲス不倫報道はこのまま終息へと向かっていくかもしれませんね。凄い一言でした。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。