Naitter【泣いた】

「贈る言葉」は卒業ソングじゃなかった!

「贈る言葉」は卒業ソングじゃなかった!

「贈る言葉」は卒業ソングじゃなかった!


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも卒業式で「贈る言葉」が歌われる学校があるとは感激!この曲を聴くとほっこりした気持ちになるのは不思議です。

出典 http://www.amazon.co.jp

「3年B組金八先生」の第1シリーズの主題歌になり、売上100万枚を超える大ヒットとなった「贈る言葉」。この曲は、1979年11月1日に海援隊の6枚目のシングルとして発売されました。

1980年の大晦日の第22回日本レコード大賞で、武田鉄矢さんが作詞賞を受賞したほどの名作です。

「3年B組金八先生」第1シリーズの主題歌だった

出典 http://www.tbs.co.jp

「3年B組金八先生」の第1シリーズの放送は1979年10月26日~1980年3月28日。当時はドラマの1クールが5ヶ月間という長期だったのですね。

世田谷の中学から桜中学に転勤になった国語教師・坂本金八。非行・不登校・いじめ・親子の絶縁など、学校が抱える様々な問題を真っ正面から受け止め、生徒と一緒に涙を流しながら奮闘する。

生徒の非行、親子の断絶、内申書など学校が抱える問題を真っ正面から取り上げ、当時話題を集めた。なかでも、6話にわたった「十五歳の母」では生徒の妊娠、出産を描き、また、東大をめざす高校生の自殺を取り上げ、反響を呼んだ。

出典 http://www.tbs.co.jp/kinpachi/history/

杉田かおるさんや、鶴見辰吾さん、当時”金八トリオ”と呼ばれた近藤真彦さん、田原俊彦さん、野村義男さんなど、現在も芸能界の第一線で活躍し続ける豪華顔ぶれでした。

最終回は39.9%という高視聴率。金八先生が生徒一人一人に手紙を読むシーンが感動的でした。

「贈る言葉」は卒業ソングではなかった

出典 http://www.gettyimages.co.jp

卒業ソングとして歌われていたあの「贈る言葉」。実は、武田鉄矢さんが失恋した実体験を歌詞にした切ないラブソングだったのです。

武田さんが初恋の女性に振られた時の失恋ソングだった

武田鉄矢さんが福岡教育大学に合格したばかりの当時、博多の繁華街で出会った女性から別れを告げられた時に作られた歌なのだそう。

その時のエピソードとは

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そのお相手、”やすこさん”に別れ話を切り出された後も、武田さんは手を離さず引き止めたようです。
極めつけの言葉が「大きな声だすよ!」
その一言を聞いて、武田さんは握った手を離したのだそう。

「贈る言葉」の歌詞を読んでみた

出典 http://www.gettyimages.co.jp

卒業式に歌われた「贈る言葉」の歌詞の内容を見てみると。

1番の歌い出し、「暮れなずむ町の、光と影の中~」
2番の歌い出し、「夕暮れの風に、途切れたけど~」、となぜか夕暮れが舞台ですよね。

卒業して新しい環境へ巣立っていく友へ、「これからはじまる暮らしの中で…」、と
新しい旅立ちへと見送る歌だとばかり思っていました。

しかし、サビの部分
「これから始まる暮らしの中で 誰かがあなたを愛するでしょう
だけど私ほど あなたのことを 深く愛したヤツはいない」

極めつけの2番の歌詞が
「はじめて愛したあなたのために 飾りもつけずに贈る言葉」

武田さんは、やすこさんが初恋のお相手だったようです。
大学入学したての10代の男性の初めての恋は、博多の繁華街で出会った大人の女性にとって重かったのではないでしょうか。

切ない…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「遠ざかる影が 人混みに消えた もう届かない 贈る言葉」

「もう届かない 贈る言葉」…

なんて切ないんでしょう。引き止めた手を放した瞬間、やすこさんは博多の夜の繁華街へと姿を消してしまわれたのです。

出典 http://prcm.jp

最後に「その人が去っていく後ろ姿をじっと見つめた。何十年かたつと、みじめな思い出が美しい歌詞になっていました。人生とは、そういう味わい深い物語であります」

出典 http://www.sankei.com/entertainments/news/130111/ent1301110006-n2.html

2013年1月。武田さんは都内で開催された予備校の受験生応援イベントで語られたようです。今の武田さんが語られると、味わい深い説得力がありますね。

改めて歌詞を読んでみてください

贈る言葉


1.暮れなずむ町の 光と影の中

去りゆくあなたへ 贈る言葉

悲しみこらえて 微笑むよりも
涙かれるまで 泣くほうがいい

人は悲しみが 多いほど
人には優しく できるのだから

さよならだけでは さびしすぎるから
愛するあなたへ 贈る言葉

2.夕暮れの風に 途切れたけれど
終わりまで聞いて 贈る言葉

信じられぬと 嘆くよりも
人を信じて 傷つくほうがいい

求めないで 優しさなんか
臆病者の 言いわけだから

はじめて愛した あなたのために
飾りもつけずに 贈る言葉

これからはじまる暮らしの中で
誰かがあなたを 愛するでしょう

だけど私ほど あなたのことを
深く愛した ヤツはいない

遠ざかる影が 人混みに消えた
もう届かない 贈る言葉

もう届かない 贈る言葉

出典 http://www.gettyimages.co.jp

いかがでしたか?今は学園ドラマは流行らない時代ですし、歌詞の内容は昭和の匂いがします。

武田さんが作詞した「贈る言葉」は、卒業ソングとして歌われた昭和の名曲。

けれど、その歌詞の裏には、恋愛に不慣れな若者が、初めて精一杯愛した人へ届くことのなかった「贈る言葉」だったのですね。

学生時代にいっぱい体験した学業やバイト、サークル活動の想い出や甘酸っぱい初恋。そんな時代を卒業して何年か、何十年か経った頃に、ふとあの頃の想い出が蘇る、、、そんな名曲です。

みなさんも、改めて歌詞の内容を噛みしめてみてはいかがでしょう。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。