Naitter【泣いた】

きっかけはしくじり先生だった!森脇和成がこのタイミングで芸能界に復帰する意味

きっかけはしくじり先生だった!森脇和成がこのタイミングで芸能界に復帰する意味

きっかけはしくじり先生だった!森脇和成がこのタイミングで芸能界に復帰する意味


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 http://www.jprime.jp

お笑いコンビ「猿岩石」として活躍した森脇和成さんが、芸能界復帰についての心境や、元相方の有吉弘行さんへの思いを語りました。なぜこの時期に復帰なのか気になりますが、まず猿岩石時代から現在までを振り返ってみましょう。

伝説の番組『進め!電波少年』で大ブレイク

出典 http://www.amazon.co.jp

小学生からの幼馴染で1994年4月に「猿岩石」を結成。2年後のテレビ番組『進め!電波少年』の企画であるヒッチハイク旅で大ブレイクしました。

当時営業を一緒に回ったバナナマンは、猿岩石のファンが車の周囲に押し寄せないようにとダミー車で後輩の影武者をやらされたことが屈辱的な出来事だったと語っています。今のバナナマンの人気ぶりからは考えられませんが、猿岩石が相当な人気だったのがわかりますね。

CDはミリオンセラー、月収は2,000万超え!?

出典 http://www.amazon.co.jp

12月、秋元康のプロデュースにより、藤井フミヤ、藤井尚之兄弟提供の「白い雲のように」を発売する。ヒッチハイクを連想させる様な曲でミリオンセラーになり、1997年の『第39回日本レコード大賞』の新人賞を受賞

出典 https://ja.wikipedia.org

当時のギャラは給料制でブレーク前は5万円でしたが、書籍などの収入も合わせて、月収が最高2,000万円ほどだったと言われています。

2004年に解散、それぞれの道に進むことに

出典 http://www.amazon.co.jp

2004年3月に有吉さんと森脇さんの方向性の違いにより解散。有吉さんは太田プロダクションに残り、森脇さんは実業家へ転身して一時芸能界引退しています。

有吉さんは毒舌キャラやあだ名で再ブレイク!超売れっ子芸人に

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

解散後はレギュラーが減り、長い低迷を味わった有吉さん。その後毒舌キャラやあだ名をつける芸がブレイクして、今では冠番組をいくつも持つお笑い芸人として返り咲きを果たしています。

森脇さんも地獄のサラリーマン生活で「なめてた」

出典 http://www.news-postseven.com

飲食店の経営に手を出したものの、ミスを繰り返して大失敗。2つ目の店の経営に成功したタイミングで芸能界を引退しました。その後子どもが産まれたことで「堅い仕事に就こう」と思い、サラリーマンとして働き始めたそうです。

しかし、飛び込み営業などの仕事が過酷で「みんなこんな大変なことを毎日やっているのかと。なめていた」といいます。

なぜ芸能界に復帰?きっかけは「しくじり先生」

出典 http://news.walkerplus.com

昨年の7月に放送された反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』のスペシャルに、森脇さんが“根気がなくて芸人を辞めちゃった先生”として登場。

この反響が大きかったこともあり、当時勤めていた会社の社長に「もう一回やってみたら?」と背中を押されたといいます。また森脇さんは約2年前に離婚。独り身で身軽になったのも理由のひとつだそうです。

元相方のブレイク…周りの「頑張れよ」が辛かった

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最初の頃は正直、後ろめたい気持ちがあったんです。僕の身勝手で猿岩石を解散して、彼もピン芸人にならざるを得なかったわけですから。だから売れた時には嬉しかったし、肩の荷が下りたみたいなところもあった。

出典 http://www.oricon.co.jp

嫉妬はなかったという森脇さん。しかし有吉さんと比べられることが増え「お前ももっと頑張れよ」と周りに言われるのは辛かったそうです。多くの番組に出演する有吉さんを見て、本人は気にしなくても周りが騒がしくなるのは仕方のないことかもしれません。

世間の反応は厳しいようですが、本人は…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

森脇さんの芸能界復帰に対して、ネット上では厳しい意見が多く挙がっています。先輩芸人である土田晃之さんも「芸能界は甘くない」とラジオでコメント。

こういった世間の反応に森脇さんは「厳しいことを言ってもらえるのはありがたいですよね、シカトじゃないわけですから」と前向きな姿勢を示し、「『芸能界はそんな甘い世界じゃない』とかいうのも、言われなくてもよく知ってます。僕も一度は経験してますから。」と言い切っています。

芸能界での新しいポジションを作っていきたい

出典 http://www.jprime.jp

今の芸能界に僕のポジションはないという森脇さんは、まず芝居をやってみたいとのこと。「自分で脚本を書いて役者としても出る、作・演出・出演にチャレンジしてみたい」と語り、周りに流されるのではなく自分自身で何をやりたいのかを決めていきたいそうです。

猿岩石の復活は「あんまり意味はないと思ってる」

出典 http://www.news-postseven.com

有吉さんと「猿岩石」を再結成するかどうかを聞かれた森脇さんは「いや、ないでしょう。少なくとも有吉には何のメリットもない話ですから」とコメント。有吉さんがピンで成立しているのに、そのポジションに自分が入っていっても意味はないとのこと。

41歳という年齢、大物になった元相方、周りからの厳しい声などまさに「崖っぷち」の森脇さん。これからピンで活動していくことで、有吉さんと比較されることがますます多くなると思いますが、芸能界でどう活躍するか注目ですね。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。