Naitter【泣いた】

YouTubeに想いを託して。17歳の在日ブラジリアン娘たちの想いが泣けてくる。

YouTubeに想いを託して。17歳の在日ブラジリアン娘たちの想いが泣けてくる。

YouTubeに想いを託して。17歳の在日ブラジリアン娘たちの想いが泣けてくる。


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にどれくらい在日ブラジル人がいるか知ってますか?

在日ブラジル人は約20万人。静岡や群馬、愛知などコミュニティと化したブラジリアンタウンに集住し、日本では4番目に多い国籍です。しかし、文化や言語、失業、教育問題などがあり地域住民や社会から阻害されがちである。彼らは日本にいながらブラジルでもなく日本でもなく目に見えない壁に遮られている。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

群馬在住、17歳の在日ブラジリアン娘たちが、ガールズユニット「リンダ3世」として活動している理由。

日本で生活する彼らの中には、様々な理由により日本の義務教育を受けれず日本語の読み書きすらままならない人達も少なからずいる。犯罪件数も多くはなくとも色眼鏡から大きく報道され、日本国内で彼らをきちんと認識している人は多くない。さらに、遠い祖国でも日本に住む同胞を知る物は少ない。
そんな厳しい中にいて、日本にも祖国にもっと私たちを知って欲しい、互いの架け橋になりたいと、当時わずか15歳の少女たちが「リンダ3世」を結成する。

結成当時は、週末に群馬内の電気店や、小さなライブハウスを回り、彼女なりに必死に歌い続けた。不慣れな日本語も必死に覚えMCや握手会も開いた。
そして徐々に変化が起き始めるー。

出典 http://www.amazon.co.jp

夢の舞台、そして祖国からのコメント。

出典 http://www.amazon.co.jp

ほとんど群馬で活動していた彼女らの元に、突然、夏の野外音楽ライブの最高峰の一つ「サマーソニック」への出演依頼が届く。
ほとんど無名の彼女らの噂は、着実にファンを作り届いていたのだ。
さらにそれだけでは終わらなかった、彼女らが、祖国ブラジルにも日本のカルチャーを伝えたいと開設したYouTubeでは、新曲を出すたびに多くのポルトガル語でのコメントが届き始めた。今では視聴者のほぼ半数以上がブラジルからの視聴者である。
在日ブラジリアンのアイドルから、大きく羽ばたいた彼女ら。

今日も多くのコメントがブラジルから来ている。

出典 https://www.youtube.com

しかし、幼い彼女らの大きな夢はまだまだ終わらない。
今年は、リオでオリンピックも開催される年。
彼女たちはまだまだ知ってもらいたい、認めてもらいたいと、これからも歩み続けていく。
そして、いつか祖国ブラジルで凱旋ライブが出来たらと、その日を心待ちにしているー。

出典 (c)linda sansei

ルビー物語

出典 YouTube

ぴよぴよ

出典 YouTube

愛犬アンソニー

出典 YouTube

Brazilian Rhyme

出典 YouTube


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。