Naitter【泣いた】

収入が多い「共働き家庭」なのに貯金できない!? その理由

収入が多い「共働き家庭」なのに貯金できない!? その理由

収入が多い「共働き家庭」なのに貯金できない!? その理由


cached
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

■収入があるから「ちょっと使っても大丈夫」と思っている

共働き夫婦家庭は 夫の収入と妻の収入の二つの財布があります。それぞれが“独身時代よりは収入が増えているのだから、家計には余裕があるはず”と思ってしまっています。

妻も働いている上に家事もしなければならず、「疲れたからちょっと甘いもの……」「早く帰らなきゃいけないからタクシー」と、支出額を増やす行動をおこないがちです。

専業主婦家庭は夫の遊興費等をおこづかい制にしているところが多いですが、共働き夫婦家庭はそれぞれが働いていることもあって、お互いの外食や遊興費にも寛容な傾向にあります。

■家庭費を、項目毎に分担している

共働き夫婦家庭でよく伺うのが「主人の口座からは家賃や光熱費、電話代などが引き落とされ、食費はわたし持ちです。これで家計費はなんとなく折半しています」というもの。

この方法は“家計管理”には適していません。

それぞれが負担している金額は把握できますが、“家計全体として”いくらかかっているかが把握できないからです。「節約しなければ……」という気持ちにはならないのです。

また、「俺は(私は)これだけ負担している!」とそれぞれが思いがちで、お互いに対する思いやりが欠けることもあります。

■貯蓄できるようにするにはどうすればいいか?

まず、自分達の趣味や遊興費以外の、1ヶ月に使っている家計費を書き出します。

前月の引き落とし額やレシートを参考にするといいでしょう。

つづいてそこに「貯蓄したい額」を足します。

この金額が二人で負担しなければならない金額なので負担割合を決めて、それぞれの収入から持ち出し、家計用口座にいれます。

そこから家賃の引き落としや食費の支払いを行います。1ヶ月経って足りなくなれば、2人で家計費を見直すようにしましょう。

それぞれが家計の担当部分を払うのではなく、2人で家計全体の“必要額”を把握することが大事なのです。

いかがでしたか?

収入が多くても、使えば貯蓄はできません。収入額と貯蓄できるできないは比例せず、(収入ー支出)の額が、貯蓄できるできないと比例するのです。

稼ぐ能力ではなく、管理する能力が大事なのです。


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。