Naitter【泣いた】

90%以上の確率で的中するという『中国式産み分けカレンダー』

90%以上の確率で的中するという『中国式産み分けカレンダー』

90%以上の確率で的中するという『中国式産み分けカレンダー』


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

今から約700年前(元の時代)の“王家の墓”から発見されたという…『中国式産み分けカレンダー』。皆さん、ご存知でしょうか?

知る人ぞ知る…この中国式産み分けカレンダー。なお、気になる的中率は、中国人で約98%、アジア人で約90%、アメリカ人だと約85%という…驚異の的中率を誇っており、最近まで一人っ子政策があった中国では、特に、このカレンダーが重宝されてきました。

出典 http://www.chinesegenderchart.info

はっきりとした根拠はないものの、700年以上前の中国の科学者が、莫大な男女の出生記録から統計を取り、制作したと言われている…この中国式産み分けカレンダー。ちなみに私も、自分の子供をチェックしてみたのですが、まさかの的中!これには本当に驚きです。

現在でも中国の産科医が、産み分けをする際に参考にしているという…このカレンダー。では、皆さんも一緒にチェックしてみて下さい!

出典 http://www.stressed-mummy.com

縦軸は受胎時の妊婦さんの年齢、横軸は受胎月となっており、2つが合わさるところが産まれる赤ちゃんの性別を表しています。

G → Girl(女の子)
B → Boy(男の子)

なお、今から約700年前の中国は、現在の太陽暦(グレゴリオ暦)ではなく、太陰太陽暦(旧暦)が使われていたので、数え年となっています。ご注意下さい。

出典 http://www.stressed-mummy.com

例えば、1989年生まれの女性の場合、数え年は27歳になります。そして、4月に行った性交によって受胎した場合、生まれてくる赤ちゃんは男の子である可能性が非常に高いということです。

出典 http://www.stressed-mummy.com

また、1985年生まれの女性が、女の子を希望する場合、5月、6月、8月、10月、11月、12月に性交を行い受胎すれば、女の子が生まれてくる可能性が非常に高くなります。

出典 http://lasvegasfertility.com

赤ちゃんの産み分けは未だに賛否両論があり、産院によっても勧めていない所もありますが、人それぞれ事情がありますし、最終的にどうしたいかは夫婦が決めること。そんな時に、特別な診察、費用等がかからないこの中国式産み分けカレンダーは、いろいろな事情を抱える人々にとっては、救世主になるかもしれませんね。

出典 http://www.leapfrogceramicswarfield.co.uk

絶対ではないものの、驚異の的中率を誇る『中国式産み分けカレンダー』。赤ちゃんが健康に生まれてくれればそれで良しですが、『産み分け』に少なからず興味がある方は、あくまでも参考程度(100%ではない為)に、取り入れてみてはいかがでしょうか?


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。