Naitter【泣いた】

「友達の元彼とデートなんて…」小学4年生の少女の算数の問題の解答が話題

「友達の元彼とデートなんて…」小学4年生の少女の算数の問題の解答が話題

「友達の元彼とデートなんて…」小学4年生の少女の算数の問題の解答が話題


cached
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

問題をよく見てみると…

冒頭から設定がぶっとんでる

出典 https://www.facebook.com

訳してみると…

男子高校生のフランクマイクジョージロンは、それぞれ4人の異なる女子と4回デートをしました。

2回目は、フランクローズジョージ”とケイ…という組み合わせが。
3回目は、マイクメアリーロン”とルイーズ…という組み合わせが。
4回目は、ジョージルイーズロンケイ…という組み合わせがありました。

この条件を元に、1回目~4回目までのデートでそれぞれの男子が、どの女子とデートしたか答えなさい。

という問題。

問題の解き方としては、組み合わせを潰していく

全4回のデートで1回ずつしか同じ組み合わせが出来ないことを前提にして答えを導いていくのが本来の回答方法ですが、この少女は先の「この問題には答えられない…」と枠外に答えを書き込みました。

その理由とは…「友達の元カレとはデートできない」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

彼女が出した答えは、

「私はこの問題には答えられません。なぜなら、お母さんから“友達の元カレとはデートしないのが女子のルールよ”と言われているからです」

というもの。

問題の設定自体が自分のルールから外れているから回答しようがないというものだったんです。

この答えに多くの反響が

出典 https://www.facebook.com

この投稿に

「すばらしい!」
「いい娘さんね」
「この問題は不適当だ」
「こんな問題は小学四年生が学ぶ算数から抹消するべき」

など様々な反響が

確かに、あえてこんな何度も組み合わせを変えてデートする内容の問題にしなくてもいいですよね。しかもなぜ設定が小学生ではなく、あえて高校生なのか。色々疑問です。