Naitter【泣いた】

妖しく光る売春街。大麻・売春が合法化されているオランダの裏文化と自由

妖しく光る売春街。大麻・売春が合法化されているオランダの裏文化と自由

妖しく光る売春街。大麻・売春が合法化されているオランダの裏文化と自由


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーショップはただの喫茶店ではない

オランダでよく見るコーヒーショップ。「観光に疲れたので、カフェで一息しよう」などと、軽い気持ちで店内に一歩入った瞬間に驚くかもしれません。コーヒーショップでは、アレを吸っている人が…。そう、コーヒーショップは、もはや「マリファナ」を楽しむ場所と化しているのです。

オランダで大麻は合法。道端にはマリファナを販売するお店も堂々と並んでおり、路上のベンチに座って優雅に運河を見ながら大麻を楽しんでいる若者も多々見かけます。ヨーロッパの友人にオランダについて尋ねると「アレやりにいくの?」と言われるほど、「オランダ=大麻ができる国」という認識をしている人もいます。

実際、堂々と思う存分大麻を楽しむという目的で、オランダへ旅する人も少なくありません。

赤く光る売春窓

オランダの裏の代名詞といえば「飾り窓」。深紅のカーテンに彩られた窓、ピンクや紫に光り輝くチープな部屋の数々、豊満なカラダを窓に押し付けガラス越しに誘惑してくるセクシュアルなお姉さんたち、いかにもいかがわしい看板…。

通り一帯が赤く光るネオンに包まれ、ここだけ別世界かと思うような雰囲気を醸し出しています。カーテンが閉まっていればいわゆるお遊び中。そう、飾り窓とは、売春宿のことなのです。オランダでは売春も合法化されています。

さらに驚いたのは、この風俗街が一大観光スポットとなっているという事実。まだ夜が更けていない頃は、ただ見物しにくる観光客で賑わっています。

窓の外の通りでは子ども含め、観光客がおもしろげに見てまわっている一方で、窓の内側では必死に働くお姉さんたち…。ランジェリー姿のボディを惜しげもなく披露してお客さんを誘う裏では、さまざまな想いや葛藤があるはずです。

なぜ合法にするのか

なぜ日本で固く禁じられるこのような行為をオランダでは合法にするのでしょうか?それはすべて禁止にすると闇に包まれてしまい、取り締まりが難しくなるので、そうなるくらいなら行政の管理下に置いて重い犯罪を防ごうという意図があるそうです。

売春は世界最古の職業とも言われており、すべて取り締まるのは不可能とのこと。もともと港町として栄えたオランダには国外からたくさんの人々が訪れ、売春業も栄えていました。

これをどんなに厳しく取り締まってもイタチごっこになってしまうため、合法にして目の届く範囲に置き、税金を徴収することにしたのです。売春業の女性たちに対しては一か月に一度の健康診断を受ける制度が整えられています。

ドラッグも同様に、制限することでより重いドラッグに手を染める人が増えるくらいなら、ソフトドラッグを合法にすることで、闇に包まれてしまうのを防いでいるそうです。また、大麻レベルであれば個人でたしなむくらいならば罰せられませんが、個人で勝手に商売すると違法になるとか。

夏になると栽培家の庭で大麻などの栽培を始め、夏の終わりに収穫する人もいますが、この程度であれば問題ないそう。しかし中には空から見ないと見つけられないほどの広大なとうもろこし畑の一部分で、ひっそり栽培するという人までもいるそうです。

真の自由が確立されているオランダ

オランダは個人主義の国であり、他人に迷惑をかけなければいいという考えが根本にあるようです。規則に固められるより、個人で規制しルールを守っていくことができる国家こそ、真の自由であり自立した国なのかもしれません。

もともと人種融合政策を心がけてきた風土があり、来るもの拒まずというスタンスで難民を受け入れてきたオランダ。面白いのは、お金持ちから貧しい人までさまざまな人々が暮らしていても、異なるステータスの人々とも交流し、同じアパートを共有していることもあるそうです。これは世界的にも珍しいのではないでしょうか。

新しく生まれ変わりつつあるオランダ

重い内容を紹介しましたが、もちろん運河や風車など、のほほんとした魅力もたくさんあるオランダ。今年はミッフィー生誕60周年ということもあり、大変盛り上りを見せています。世界的にはあまり有名ではないオランダの食文化も、近年は量ではなく質を重視するようになってきており、注目を集めています。

また、オランダ出身のDJが世界ランキングで10位に入るなど、国を挙げてダンスミュージックを盛り上げ、新しいモダンなオランダへと進化しています。