Naitter【泣いた】

デビュー10周年を迎えたPerfume!9年前解散の危機にあった…名曲に隠された中田ヤスタカの想い

デビュー10周年を迎えたPerfume!9年前解散の危機にあった…名曲に隠された中田ヤスタカの想い

デビュー10周年を迎えたPerfume!9年前解散の危機にあった…名曲に隠された中田ヤスタカの想い


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

今年デビュー10周年を迎え、今後の活動もますます期待されるPerfume。今やその人気は世界中に広がり、3度のワールドツアーも大盛況!斬新なダンスや衣装、最先端のライブ演出なども注目されています。

そんな彼女達のデビュー当時…

出典 http://ok723.hatenablog.com

10代半ばで広島から上京し、デビュー当時はBEE-HIVE(ハロプロのようなもので何組かのアイドルが所属していた)の一員として活動していたPerfume。しかし売上げは伸び悩み、他のグループが次々に解散に追い込まれ、Perfumeより人気も売り上げも良かったグループもベストアルバムをリリースして解散してしまいます。

そしてついにPerfumeもベストアルバムの発売が決まる…

彼女達自身も「いつ広島に帰されるかびくびくしていた」と語っており、ベストアルバムの発売決定でファンの間では「ついにPerfumeも解散か…」という噂が流れました。握手会でファンに「解散するの?」と聞かれても「しませんよー!」と答えていた彼女達も、実際は不安に思っていたようです。

“エレクトロワールド”のジャケット撮影時に”Complete Best”の写真も一緒に撮影したそうで、お金がないのは分かっていたけど、この時はPerfumeも「これで終わりか」と思ったそうです。「英語はよく知らないけど’コンピレート’の意味はわかるよ。大人の人たち、私たち意味分かってたよ。」と語っており、ハッキリと「これで解散」とは言われなかったものの、彼女達は覚悟していたのかもしれません。

解散の危機を救ったのはファンだった!?

出典 http://www.jpopasia.com

そんな崖っぷちだったPerfumeが解散を回避し今まで活動を続けられた理由はハッキリとはわかりませんが、ファンの力が大きかったのは確かです。
“Complete Best”は当初1万枚の限定販売でした。その限定版をファンの方たちが何枚も買い、周りに勧めていったそうです。「こんなに良いグループを絶対に解散させてはいけない」という気持ちだったのかもしれません。そんなファンの活動もあり、このCDの良さがどんどん広がっていき、限定版を売り切り、通常版も発売され、結果何十万枚もの売り上げを記録します。
ファンの力でPerfumeは解散の危機を回避したと考えてもいいのではないでしょうか。

その後の快進撃

2006年に解散の危機、そして回避したPerfume。その翌年の2007年にNHKの環境保護キャンペーンCMに”ポリリズム”が採用されブレークします。その後の活躍は皆さんご存知の通りです。

中田ヤスタカの想い

出典 http://asobisystem.com

中田ヤスタカは当時、「Perfumeのアルバムを作るなら完全オリジナルを作りたい」と言っていたのですがそれを許されず(制作費を使わせたくなかったのでしょう)、ベストアルバムに新曲を1曲だけプラスするという形で’Complete Best’が完成します。
その1曲に込められたメッセージとは…

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル

ベスイトアルバムに追加された唯一の新曲は”パーフェクトスター・パーフェクトスタイル”という失恋ソング。

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル

出典 YouTube

たぶんね キミは本当は(そう) 全てパーフェクトなスター
つかめない風のように 気楽そうに映るスタイル

ありのまま ゆらがないように 後ずさりなんてできない
今も大切なあのファイル そっと抱えたあのまま

I still love キミの言葉が まだはなれないの
あの日あの場所で 凍りついた時間が
逢えないままどれくらい たったのかなきっと
手をのばしても もう届かない
ああ キミの言葉が まだはなれないの
あの日あの場所で 凍りついた時間が
逢えないままどれくらい たったのかなきっと
手をのばしても もう届かない

パーフェクトスター

出典 http://j-lyric.net

この曲は、中田ヤスタカがPerfumeが解散して数年後に想うであろう気持ちを歌詞にしているのではないかと言われています。

「キミは本当は(そう)全てパーフェクトなスター」
Perfumeは中田ヤスタカにとってパーフェクトなスターだった

「気楽そうに映るスタイル」
売り上げが伸びず苦しい時もそれを出さず笑顔で頑張っていたPerfume

「今も大切なあのファイル そっと抱えたあのまま」
(あのファイル=PerfumeのCD)を解散後も大切にしている

「あの日あの場所で凍り付いた時間が」
解散して活動をやめてしまったあの時

「逢えないままどれくらい たったのかなきっと」
Perfumeが解散してどれくらい経ったのだろう

「手を伸ばしても もう届かない」
Perfumeが目指していたアイドルとしてスターになるという想いは叶わなかった

「パーフェクトスタ
それでもPerfumeはパーフェクトなスターだった

真実は分かりませんが、これが本当だとしたら中田ヤスタカのPerfumeへの想いが伝わってきます。

どうでしたか?

順風満帆に見えるPerfumeも実はカナリの苦労人だったんです。どんな時も弱音を吐かず我々ファンを楽しませてくれる彼女達は、これまでもこれからも間違いなくパーフェクトなスターですね!