Naitter【泣いた】

韓国最大級の新人グループついに見参!BIGBANGの弟分iKONの人気が凄まじい

韓国最大級の新人グループついに見参!BIGBANGの弟分iKONの人気が凄まじい

韓国最大級の新人グループついに見参!BIGBANGの弟分iKONの人気が凄まじい


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

後列左からJU-NE(ジュネ)、B.I(ビーアイ)、BOBBY(バビー)、CHAN WOO(チャヌ)、前列左からYUN HYEONG(ユニョン)、JIN HWAN(ジナン)、DONG HYUK(ドンヒョク)

BIGBANGWINNERが所属しているYGエンターテインメントが企画したサバイバル番組MIX&MATCHからデビューした7人の精鋭、iKON

B.I[リーダー・RAP/19歳]、BOBBY[RAP/19歳]、JIN HWAN(ジナン)[VOCAL/21歳]、JU-NE(ジュネ) [VOCAL/18歳]、YUN HYEONG(ユニョン)[VOCAL/20歳]、DONG HYUK(ドンヒョク) [VOCAL/18歳]、CHAN WOO(チャヌ) [VOCAL/17歳]、で構成された平均年齢19歳の7人組ボーイズグループ。

出典 http://ygex.jp

グループ名は「韓国を代表するアイコン(ICON)になってほしい」というヤン社長の願いが込められ、ICONの“C”をKOREAの“K”に変えて名付けられています。

正式デビュー前から音楽チャートで1位!

出典 YouTube

10月7日にDebut Half Album『WELCOME BACK』で韓国で正式デビューした彼らですが、9月15日に先行シングル『취향저격(MY TYPE)』を発表したところ…

韓国本国においては、正式デビュー前の9月15日(火)にWARM-UP SINGLEとしてリリースされた「MY TYPE」が各配信チャートおよび音楽番組1位を獲得。ファンの熱烈な支持を受け、出演も行わずに音楽番組SBS「人気歌謡」・MBC「音楽中心」で「MY TYPE」が1位となり、注目度の高さを伺わせた。

出典 http://news.kstyle.com

音楽配信チャートや、音楽番組でいきなり1位を獲得!正式デビュー前に音楽番組にも出演していない状態でいきなり1位を取るというのは、まさに空前絶後。

全タイトルの作詞作曲はメンバーが担当!

出典 http://www.newsen.com

韓国でも特に「実力主義」で有名なYGエンターテインメントからデビューするボーイズグループですから、その実力はもちろん折り紙つき。

『WELCOME BACK』 では、「RHYTHM TA」 「AIRPLANE」 がダブルタイトル曲として確定。B.IとBOBBYが全収録曲の作曲・作詞を担い、またク・ジュンフェも 「RHYTHM TA」 で共同作曲に参加。

出典 http://www.hmv.co.jp

「第2のG-DRAGON」の呼び声高いカリスマリーダーB.I(左)と、韓国のNo.1ラッパーを決める番組『Show Me The Money 3』で見事優勝を果たしたパワーラッパーBOBBY(右)の2人が作詞・作曲を担当し、他のメンバーも曲作りに参加したり、ダンスの振り付けや構成に関わったりと、平均年齢19歳にもかかわらずセルフプロデュースがしっかりとできています。

出典 YouTube

楽曲の完成度、歌唱力、ラップスキル、パフォーマンスの精度…どれを取っても文句なし!とても新人とは思えません。

2度のサバイバルが糧に

出典 https://youtu.be

冒頭にも記した『MIX&MATCH』は実は2度目のサバイバルで、その前に『WIN : WHO IS NEXT』というサバイバルゲームのBチームとして、マンネ(末っ子)のチャヌを除いた6人はデビューをかけて戦っていました。

結果ファン投票でAチームが勝利し、WINNERとして一足先にデビューが決まり、残されたBチームはまた1年間練習生として残され『MIX&MATCH』で再びデビューをかけたサバイバルを課せられることとなりました。

出典 http://www.sportsseoul.jp

この2度のサバイバルで彼らの絆はより強くなり、また、彼らをずっと見守ってきたファンたちとの絆もさらに濃いものとなり、今の団結力に繋がっているといっても過言ではありません。決して未来を約束されていたわけではない中で、現在の「居場所」を掴み取った彼らの実力は、間違いなく本物です。

コンサートチケットは予約開始直後に即完売!

出典 ygex

10月3日に開催されたiKONのデビューライブ『iKON DEBUT CONCERT ”SHOWTIME” WITH NAVER V』。

会場のオリンピック公園体操競技場(韓国・ソウル)は、日本で言うところの日本武道館や代々木体育館と同等のキャパシティで、BIGBANGやSHINeeといった人気グループがコンサートを行うような規模。

デビューしたばかりのグループがいきなりこの会場でコンサートを行うこと自体がまず異例中の異例であるにもかかわらず、チケットは予約開始と同時に即完売!!この人気は驚異です…。

出典 YouTube

ファーストライブで泣きじゃくるファンとメンバー…。順風満帆にデビューまでこぎつけていたら、きっとここまでにはならなかったでしょう。彼らは最初からお膳立てされてデビューしたグループではなく、苦難の末にやっとデビューできたグループなので、余計にファンと彼らの絆が深いのです。

日本でも既に注目度120%!

出典 YouTube

JAPANデビューにさきがけて、2015年10月10日から東名阪福で開催された単独ファンミーティング『iKON FAN MEETING 2015 IN JAPAN ~iKONTACT~』も大盛況だった彼ら。日本語も上手で、司会の古家正亨さんともしっかり掛け合いができていて驚きました。「これは日本デビューが待ち遠しいな~♪」と思っていたら…

2016年1月13日、満を持して日本デビュー!

出典 http://ygex.jp

来年初頭にJAPANデビューアルバムのリリースが既に決定しており、さらに、2016年2月11日からJAPANアリーナツアーも始まります!!

2016年1月13日の日本デビューに先がけ、日本語バージョン楽曲が配信限定で先行リリースされます。

ファンミーティングでも日本語で披露されている「MY TYPE」「AIRPLANE」と、まだ日本語では披露されていない「RHYTHM TA」の3曲(更に同曲のインスト音源3曲)が10月28日(水) 0:00時からダウンロードできますので要チェック!

出典 YouTube

これからますます注目度が高くなること間違いナシなiKON。今のうちから目をつけておくことをオススメします★