Naitter【泣いた】

「親より先に逝く奴があるか」キャラへの愛と敬意があふれる声優の弔辞に涙

「親より先に逝く奴があるか」キャラへの愛と敬意があふれる声優の弔辞に涙

「親より先に逝く奴があるか」キャラへの愛と敬意があふれる声優の弔辞に涙


uploaded
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 https://www.facebook.com

今や、日本が世界に誇る産業のひとつとなったアニメ。最近は、その創世期を支えてこられた声優の訃報をよく耳にするようになりました。

そんな彼らを見送る声優たちが、最後に送った言葉。まるでキャラクターの声が聞こえてくるような、後世に残したい心に残るメッセージをご覧ください。

ジャイアンに取り残された、スネ夫の心の叫び

出典 http://www.tv-asahi.co.jp

「ジャイアーン、ジャイアンのくせになぜ先に逝っちゃうんだよ」

出典 http://ameblo.jp

『ドラえもん』でジャイアンの声を26年間担当し、先日亡くなられた声優・たてかべ和也さん。ジャイアンとおそろいのTシャツを着て棺の中で眠る、たてかべさんに向かってスネを役を演じていた、肝付兼太さんがおっしゃった言葉です。

出典 https://twitter.com

左から2番目がスネ夫役の肘付兼太さん。

ちなみに、スネ夫の「のび太のくせに生意気だ」というのは肝付さんのアドリブで生まれたセリフ。「○○にくせに…」という言葉は、ヒネくれた性格をしているスネ夫らしいツンデレな台詞です。

ジャイアンを演じていた、たてかべさんへの愛情が伝わる一言でした。

アラレちゃんがハカセに送った感謝のメッセージ

出典 http://www.amazon.co.jp

「ハカセ、聞こえる? 則巻アラレだよ。たくさんの愛を『あんがとさん』でした。 またどこかで会おうね。ばいちゃ」

出典 http://blog.goo.ne.jp

アニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻センベエや『北斗の拳』ラオウをはじめ、多くのアニメで活躍した内海賢二さんの告別式で読まれたアラレちゃん役の小山茉美さんの弔辞です。

アンドロイドであるアラレちゃんは、自分を作ったセンベエ先生をハカセと呼んでおり、そのアラレ口調で内海さんへの感謝の気持ちとお別れを伝えました。アラレちゃんが、眠りについたハカセにの傍で、語りかけている様子が目に浮かびます。

悟空から神龍へ…最後に託した願い

出典 http://www.amazon.co.jp

「オッス! オラ悟空。おめえ、どうしたんだよ。神龍だろ。こっちの世界へ来いよ。頼むぜ。みんな見守ってくれよな」

出典 http://ameblo.jp

また、内海さんは『ドラゴンボール』では願いをかなえるドラゴン・神龍(シェンロン)も演じていました。同じく『ドラゴンボール』で孫悟空を担当する野沢雅子さんは、19日の通夜に参列し、悟空の口調で追悼メッセージを寄せました。

内海さんは声優事務所「賢プロダクション」の設立者でもあり、長きにわたり業界に貢献したお方。同志に対する、悟空からの叱咤激励に心が揺さぶられます。

銭形警部が宿敵である、ルパン三世に物申す

出典 https://www.facebook.com

「おい、ルパン。これから俺は誰を追い続ければいいんだ」、「お前が死んだら俺は誰を追いかけりゃいいんだ」と涙ながらに呼びかけた。

出典 https://ja.wikipedia.org

初代・ルパン三世を演じた山田康雄さんが亡くなった時、『ルパン三世』で2010年まで、銭形警部を演じていた納谷悟朗(なやごろう)さんが弔辞を読まれました。親交が深かった納谷さんは、山田さんの遺影に向かって涙ながらに呼びかけたそうです。

山田さんは「ルパンは銭形がいて初めて成立するキャラ」と語り、自身が演じるルパン三世にも強い愛着をもっていました。

納谷さんにとっても、山田さんこそが永遠のルパン三世だったのですね。

最後までカツオに説教する、波平の深い愛情

出典 http://www.amazon.co.jp

『サザエさん』での役と同じく、父親の波平が息子のカツオに話しかけるような口調で、「カツオ。親より先に逝く奴があるか」「カツオ、桜が咲いたよ。散歩に行かんか」等と呼びかけた。永井本人は冷静に語ろうとしたが感極まって涙声になり、弔問者の涙を誘った。

出典 https://ja.wikipedia.org

『サザエさん』の磯野カツオ役を28年間担当した高橋和枝さんが亡くなった時は、波平役の永井一郎さんが弔辞を読まれました。実際は2才年上の高橋さんに対して役柄と同じく、息子のように語りかけた言葉に胸が締め付けられます。

しかも、高橋さんが危篤だった際にはこんな逸話があります。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

永井一郎によると、危篤状態の際、周囲が「高橋さん」と呼びかけても反応が無かったが、「カツオくん」と呼びかけると「はーい」と小さく返答したという。同様に花沢さん役の山本圭子も見舞いに行った際、「磯野くん」と呼び掛けたところ返事をしたとのことである。

出典 https://ja.wikipedia.org

なんということでしょう!高橋さんの中には、カツオが確かに生きていたと感じられるエピソードです。カツオを見送る永井さんの愛のこもったお叱りの言葉は、カツオにもきっと届いたはずです。

その15年後には波平役の永井さんが亡くなられました。その際に送られた言葉は…。

サザエとカツオから、お父さん・波平に贈る言葉

出典 http://www42.tok2.com

サザエさん「父さん、45年間『行ってらっしゃーい』の声で一日が始まったのよね」

カツオ「でも、もう『お帰り』はないんだよね。父さん、大好きです。もっといっぱい一緒にお風呂に入りたかった、もっと叱られたかった」

サザエさん「私もお酒に合うお料理を作って、父さんに『これはウマい』って褒めてもらいたかった。でもね、父さん きっとその辺でいつもいつも私たちを見守っててくれてるよね、そう思う」

サザエさん・カツオ「磯野波平の永井一郎さん さようなら」

出典 http://blog.livedoor.jp

そして、永井一郎さん告別式では『サザエさん』で共演したサザエ役の加藤みどりさんと高橋さんか引き継いだカツオ役の冨永みーなさんが、それぞれのキャラクターになりきってお別れを言いました。

また出棺の際は、波平の口癖であった「バカもーん!」で送り出したのも有名な話。今度は見送られる側となった永井さんも、同じように演じたキャラクターの家族たちから、温かいメッセージを受けて旅立っていかれました。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

いかがでしたか?どの言葉もそれぞれの演じたキャスト、そしてキャラクターへの愛と敬意があふれています。

子どもの頃見ていたアニメは、その人の心の中にずっと残り続けるもの。私たちが思い返す限り、キャラクターは生き続けるという意味を改めて感じました。

最後になりましたが、日本のアニメ界の黎明期を支えその発展に貢献してきた、彼らのご冥福を心よりお祈り申し上げます。