Naitter【泣いた】

寝ていない人は太る?ダイエットのときに覚えておきたい「睡眠不足で太る」理由

寝ていない人は太る?ダイエットのときに覚えておきたい「睡眠不足で太る」理由

寝ていない人は太る?ダイエットのときに覚えておきたい「睡眠不足で太る」理由


gettyimages_184754785
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠不足は太る

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ダイエット中のかたに見直してもらいたいことは、「睡眠時間」です。

毎日の睡眠時間は何時間でしょうか?休みの日にいっぱい寝ているからOKなんて思っていませんか?

健康な身体になるための一歩として、睡眠は欠かせません。睡眠時間が短い人は、長い人に比べて肥満になる確率が高いという調査結果があります。

コロンビア大学のNational Health and Nutrition Examination Survey を基にした研究発表では,平均睡眠時間が4時間以下の人は,望ましいとされている平均睡眠時間7時間の人に比べて73%も肥満になる確率が高く,睡眠時間が5時間の人は50%,睡眠時間が6時間の人は23%肥満になる確率が高くなるとのことです。

出典 http://www.engagerf.com

睡眠不足で太る理由

出典 http://www.gettyimages.co.jp

睡眠が不足すると、私たちの身体をコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれ働きが違います。

■交感神経
仕事、勉強などのストレスを感じるときに働きます。明るい時間帯に活発になり、脳や筋肉に働きかけます。
■副交感神経
睡眠、休息などのリラックスするときに働きます。暗くなるとともに優位になり、主に内臓に働きかけます。

不規則な生活をしていると、この切り替えが上手くいかなくなってしまいます。

どんなに体にいいことをしている人でも睡眠が不足すると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。睡眠不足が自律神経自律神経ががバランスを崩し、それが体の能力を低下させて実力が発揮できなくなるのです。

出典 http://www.yoinemuri.com

睡眠不足だと甘いモノが食べたくなる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

夜遅くまで起きているとき、テレビで美味しそうな食べ物を見て、自分も食べたくなって、ダメとわかっているけど食べて、後悔したという経験は誰でもあると思います。

人間は視覚、臭覚、聴覚を刺激されると、お腹が空いていなくても食欲が湧くことがあります。なかでも視覚は食欲への影響がとても大きいです。

そんなときに特に食べたくなるのが甘いお菓子です。これは、睡眠時間が少ないと脳はエネルギーである糖分を欲しがるためです。

「甘いもの」は、脳に直接快感を与え、癒し的な効果があります。
このため睡眠不足で疲れた脳は、癒しと満腹感を求め甘いものを欲する傾向があります。

出典 http://ameblo.jp

睡眠を優先する

出典 http://www.gettyimages.co.jp

睡眠時間を確保する方法はとってもシンプルです。

テレビやDVDを見たい、友達と遊びたい、飲みに行きたいなど、いろんな「したいこと」がありますが、痩せたいのであれば「6時間睡眠」を優先させましょう。

空腹で眠れないとき

出典 http://www.gettyimages.co.jp

どうしても空腹で寝られない場合、おかゆやスープなど消化によいものであれば、とったあとすぐに寝ても大丈夫です。

寝る前に食べるのは食べると太ると言われたり、罪悪感もあったりしますが、最終的にトータルの摂取カロリーと消費カロリーの問題なので、その点だけ注意してください。

正しいダイエットとは、自分の身体をいじめることではなく、優しくしてあげること。睡眠不足になるほど疲れさせたのなら、まずは身体をゆっくり休ませてあげることを心がけましょう。