Naitter【泣いた】

世界の「犯罪組織」収入ランキング。

世界の「犯罪組織」収入ランキング。

世界の「犯罪組織」収入ランキング。


ギャングやマフィアと呼ばれるような犯罪組織は、昨今ではサイバー犯罪への関りが増えているようだが、

依然としてドラッグ、売春、ゆすりといった行為による収入が大半を占めているという。

推定収益をもとにしたランキングはこちら。

【第5位】シナロア・カルテル(メキシコ) 推定収益額3000億円

 

 

南アメリカの違法麻薬生産者と、アメリカ市場とのパイプ役であるメキシコ最大の麻薬カルテル。

メキシコの麻薬市場において「シナロア・カルテル」は60%のシェアを占めている。

続きはコチラ

↓↓↓↓↓

スポンサードリンク

 

【第4位】ンドランゲタ(イタリア) 推定収益額4500億円

 

イタリア2番手のマフィア。

南アメリカとのつながりが強く、そこからヨーロッパ市場へ麻薬を流している。

【第3位】カモッラ(イタリア) 推定収益額4900億円

 

イタリア最大のマフィアグループのひとつ。

薬物、売春、武器売買、賭博(とばく)、高利貸(こうりがし)にゆすりと収入源は多岐に渡る。

【第2位】ソルンツェフスカヤ・ブラトヴァ(ロシア) 推定収益額8500億円

 

25b2916b5c49db617f52fa5ea48efee74
推定9000人とも言われる構成員たちは10組に分かれており、それぞれの組ごとに行動するという半独立型の組織である。

収入源はアフガニスタンで生成されたヘロインをはじめとする薬物、そして人身売買。

【第1位】山口組(日本) 推定収益額8兆円

 

画像出典:JDP

 

ヤクザ対策を強化している今日の日本において、今なおこれ程の収益をあげているとは驚きだ。

世界的に見ても非常に「中央集権」的な日本のヤクザ会。

「血縁関係」と「階層」によるつながりがこの莫大(ばくだい)な収益を上げられるゆえんなのだろうか。

主な収入源は、薬物、賭博、ゆすり、“紛争処理”。