Naitter【泣いた】

ukaseの「世界の終り」から始まったセカオワ。発達障害、不登校、パニック障害、精神病棟 fukaseの壮絶な過去

ukaseの「世界の終り」から始まったセカオワ。発達障害、不登校、パニック障害、精神病棟 fukaseの壮絶な過去

ukaseの「世界の終り」から始まったセカオワ。発達障害、不登校、パニック障害、精神病棟 fukaseの壮絶な過去


cached
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

10代に圧倒的人気を誇る「セカオワ」。ファンタジーという世界観にこだわり、楽曲、衣装、ステージの細部にまですべて全員で作り上げます。DJ LOVEが常にピエロのマスクをかぶり、素顔を見せないのはその世界観を守るため。

現在のメンバーは全員が深瀬慧(=fukase:ボーカル)の幼馴染み。
藤崎彩織(=saori:キーボード/幼稚園時代)
中島真一(=Nakajin:ギター/小・中学時代)
DJ LOVE(高校時代)

最初は「世界の終り」だったバンド名が、途中から「SEKAI NO OWARI」というローマ字表記に変わります。

SEKAI NO 終わり で終わらないとう意味があるとか
SEKAI NO OWARI で NO WAR とか
SEKAI NO OWARI – SEKAOWA=INORI(祈り)
など諸説あるようです。

メジャーデビューからわずか3ヶ月で日本武道館を満員にするほどの順風満帆ぶりですが、「SEKAI NO OWARI」というバンド名は、fukaseの過去と深いつながりがありました。「世界の終り」から「SEKAI NO OWARI」へ

”それは精神病院で、〈俺、もう何にもなくなっちゃった。もう、生きるのをやめちゃおうかな〉って思ってた時から何となく始まってる気がして……僕の人生の、世界の終わりだなって思ったあの瞬間から始まって、いま、僕には仲間がいる、っていう感じでつけたんですよね”

出典 http://tower.jp

”365日中、300日は調子が悪い”
と公言するボーカルのfukase。
fukaseは以前、音楽雑誌の”ROCKIN’ JAPAN”の取材で自分がADHDを持っていると告白されていました。精神病で閉鎖病棟に入院した時にそれが判明したとか。

ADHDとは発達障害の一種で、注意欠陥多動障害とも呼ばれています。
ADHDには以下のような症状が主に見られます。
・集中できない(不注意)
・落ち着きがない(多動性)
・思いついたことはすぐに行動に移さないと気が済まない(衝動性)

不登校の中学時代~パニック障害~精神病棟へ入院
中学時代のfukaseは学級委員長を務めるほどの優等生だった反面、喧嘩っ早く、そのために集団リンチに合い、中学時代はほとんど学校へは通えませんでした。その間、家にこもっていたfukaseを毎日学校に誘いに来たのが現在のメンバーのNAKAJINでした。

なんとか高校に進学したものの1年で中退。
その後アメリカンスクールに1年間、それから2年間の予定で渡米。しかし、パニック障害を発症し、2週間で帰国してしまいます。その後は精神病院に入院。

自分には夢も学歴も希望もない
精神の病いを治療をする中で、精神学に興味を持ち、勉強を始めます。しかしほとんど中学へ行っていないfukaseは簡単な分数の計算から勉強を始めなくてはなりませんでした。全く勉強が身につかず絶望感に襲われます。

”もう学歴も、得意なことも何にもない、そんな状態で自分に残ったものは、病気と、強い薬と、出られない――閉鎖された病棟っていう”

出典 http://tower.jp

”希望は絶望の中にあるんじゃないか”
そんな絶望感の中で自分には仲間が残っていると、幼馴染のメンバーたちと音楽を始めました。

それまで音楽をたしなんだことのないfukaseにとっては、「仲間と楽しむため」が目的のバンドでした。最初は自分たちのプライベートスタジオ作りから始まり、仲間と一緒の壁塗り作業が楽しく、fukaseは”これほど楽しく思ったことはこれまでの人生では一度もなかった”と気づきます。

振り返ると、その始まりは『自分には何もない、生きるのもつらい、世界の終りだ』と思った時だったのです。

『自分の過去はヘビーで、そのまま歌詞にすると重すぎる。けれどもなかったような過去にはしたくない。希望って絶望の中にあるにあるんじゃないかな、って思うんですよね。すべてなくなった時に、何かを始めてみようと思えた自分がいた」

『どうせ一回終わっちゃってるから、ポップな曲に重い歌詞を載せてます。』

『世界の終わりというバンド名も〈終わりを肯定した曲〉というか、終わりから始まった僕のファンタジー・ライフ(笑)があったから』

fukaseを中心にした4人の共同生活

fukaseを中心に集まった4人の仲間は現在一軒家で共同生活をしています。未だに精神的に不安定なところがあるfukaseを、他の3人が支えるように、時には喧嘩をしながらもうまくやっているようです。

情熱大陸を見ると、大人4人の共同生活は一見奇妙にも見えますが、家族のようでもあり、仲間のようでもあり、不思議な絆で結ばれているようにも見えます。

出典 YouTube


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。